私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

ジムに「マシン占拠マン」が出現した際にすべきこと

 f:id:kevinsakai:20161219231142j:plain

 

こんにちは、筋肉バカアメリカ野郎のケビン(@kven_son)です。

 

家でトレーニングしている方には当てはまらないかもしれませんが・・・

 

ジムで筋トレしてる皆さん、

やりたいマシンを他の誰かが既に使っている場合、どうしてますか?

 

 

今回この質問を投げかけている意図は、マシンが空くまで、あまりに無駄な時間を過ごしている人が多いからです。

 

具体的には、

  • テレビに釘付け
  • 椅子に座りスマホいじり
  • 仲間と談笑

 

・・・アホなの?

こういう人たちは大体、時間の有効活用ができていないアホだし、筋肉も大したことない。

 

毎日仕事や私生活で忙しくてわざわざ時間を作ってジムに来てるのに、そんなんでいいの?

できることなら筋トレも効率よく行いたいと思うのが普通じゃないのかなあと思ってしまう。

 

そんなわけで、今回は「ジムでやりたいマシンを他の誰かが既に使っている場合にすべきこと」についてご紹介します。

 

今までやったことのない種目を試してみる

これが一番おすすめ。

 

ジムでやりたかったマシンが既に使われているときは、その状況を敢えてチャンスだと考え、今までやったことのない種目にチャレンジしてみよう。

 

 

筋トレってルーチン化してしまうことが多いじゃないですか?

 

例えば僕の場合、脚を鍛える日はスクワット⇒レッグプレス⇒レッグエクステンション⇒レッグカールを3~4ヵ月、ルーチン化し繰り返していました。

 

それでもいい人って人はいいんだけど、たまには新しい刺激を入れてあげた方が、筋肉にとって良いという考え方もあるんですね。

 

かの有名なアーノルド・シュワルツェネッガーは、「自分の筋肉に次は何が来るのか予想させないこと」で、筋肉に新しい刺激を与え大きくする、という考え持っていた。

 

ただ、人によってはそれは「気持ちの問題」だと考える人もいて、「同じトレーニングでも筋肥大はする」、と信じている人もいる。

 

フィットネス業界って、こういう「何が正しいねん」ってことが多いけど(個人的にそれが面白さでもある)、正解・不正解なんてなくて、結局は自分にとって一番効くやつが正解なんだと思う。

 

何が効くかなんて、人それぞれだしさ。

 

 

少し脱線しましたが、もしやりたかったマシンが埋まっていた場合は、いつものように「チッ!」って舌打ちをし ただ待ち惚けするのではなく、逆に「やったぁ!今日は新しい種目が試せるぞぉ!」と考えよう。

 

例えば、僕の場合はスクワットラックが埋まっていたので、今まで中々やる機会のなかったランジを行いました。

 

そしたら、もう1セット目から脚がパンパン

スクワットと刺激する部分は似ているんだけど、やっぱり異なるんでしょうね。

 

次の日は久しぶりに筋肉痛がすごかっですね。特にお尻の筋肉。

今までお尻は筋肉痛になったことがあまりなかったので、新しい発見でした。

 

それ以来、脚を鍛える日はスクワットに加えランジも行っています。

 

 

同じことばかりやっていてマンネリを感じている方は、やったことのない種目を試してみてください。僕のように新しい発見と刺激があるはず。

 

ただ、これをするには色んな種目を知っている必要がある。

僕は本なんかより動画の方がわかりやすいので、Youtubeで覚えたりしてます。

 

以前、おすすめ筋トレYoutuberについての記事も書きましたので良ければ参考に。

 

www.kevin-son.com

 

 

その他できること

 

新しい種目を試す以外では、トレーニングの順番を変えてみるのも効果的です。

 

いつもベンチプレスから筋トレする人は、インクラインベンチプレスから始めるとか。

 

時間の無駄にもならないし、これまで後の方にやっていた種目を先にすることで、いつもよりその筋肉を追い込むことができる。

 

あとは、「早く終われやカスが」というアツイ視線を送ることも有効だ。

相手が気が付けば譲ってくれるかもしれない。

 

ただ、その人が独占でもしているわけでない限り、やめてあげよう。

大人しく上述した「新しい刺激を与える」もしくは「順番を変える」などして空くまでの時間を有意義に使おう。

 

何事もポジティブシンキングが重要だと思う

いきなり話が大きくなりますが、やっぱり何事もポジティブに考えるのが一番だなあと思うわけです。

 

筋トレにしたって、好きなマシンが使われている場合は、「別の種目にトライする絶好のチャンス」と、ポジティブに考えれば気持ちよくトレーニングできるし、未知の刺激に出会えるかもしれない。

 

自分の考え方ひとつで、人生は変わる。

当たり前のことだけど、そんなことを改めて教えてくれる筋トレはやはり素晴らしい。

 

 

個人的な話ですが、今日東京の家を引き払い、いま実家の大阪に向かう新幹線でこの記事を書いています。

 

引っ越し代を少しでも浮かせようと、自転車(分解して専用の袋に収納)、ギター2本、バックパック(30L)を持ったまま、です。

 

もうね、くっそ重いの。

 

全部で60kgはあると思う。

 

家の最寄り駅に着くまでは本当に辛かった。 

駅に着くまでに何回も止まって荷物を降ろして。

「ケチんないで送ればよかった~」「アホなことしたなぁ~」って何度思ったか。

 

でも、途中で気づいたのは、「これ最高の筋トレじゃね?」ってこと。

 

そう考えるようになってから、荷物を運ぶのが「しんどい辛さ」から「キツイけど充実感のある辛さ」に変わった。

 

実際に、無事東京駅の新幹線までたどり着くことができた際は、ナイス俺、と思った。

筋トレ後に似た充実感を感じることができている。

 

 

こんな感じで、ポジティブに考えるようになると、筋トレも、人生もうまく生きれるのかもな、なんてことをふと思った。

 

 

以上、話脱線マン・ケビンからお送りする「ジムに「マシン占拠マン」が出現した際にすべきこと」でした!