私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

台湾のanytime fitness板橋店が日本と違いすぎて面白かった。【口コミ・レビュー】

f:id:kevinsakai:20170127121640p:plain

こんにちは、世界一周しながらほぼ毎日筋トレしてるケビンです。

 

ジムがない土地では身一つで出来る自重トレーニングやトレーニングチューブ、腹筋ローラーなどの筋トレグッズを活用したトレーニングを行い、ジムのある土地ではフリーウェイトでガシガシ鍛えています。

 

僕は世界中にある24時間無休ジム「anytime fitness」の会員でもあるので、今回台北にあるanytime fitness板橋店に伺いました。

 

初めて海外のanytime fitnessを利用!これが、日本と違いすぎて色々とビックリしました。

 

 

まず、日本のanytme fitnessについて

f:id:kevinsakai:20170127122046p:plain

出典:anytime fitness公式ホームページ

 

anytime fitnessはアメリカ発の24時間無休のジムです。

日本にも都心部の駅近エリア中心に拡大しており、2016年10月時点で国内に150店舗あります。

 

僕自身、1年以上anytime fitnessに通っていますが、使い勝手が非常に良いし、設備も完璧とは言えないけど、何するにしても十分です。ただし、特徴としてマシン特化なので、ヨガとかのクラスはありませんし、プールも風呂もありません。

 

登録すると国内は勿論、世界中のanytimeが利用できるのは最強に便利です。出張中、旅行中でもジムに行って質の高いトレーニングが行えます。

 

また、有酸素マシン、筋トレマシン、フリーウェイトなど、全ての設備が一通り整っておりますので、何をするにも大きな不便はありません。

 

ただ、国内のanytimeはダンベルが基本30㎏まで、ベンチも多くて4台程度のため、本格志向のゴリマッチョ系はゴールドジムなど利用した方がいいかもしれません。

 

関連記事:ゴールドジム体験記

www.kevin-son.com

 

でも今思うと、代々木上原PREMIUM店は完璧にフリーウェイト向きではありませんでしたね笑。

 

台北中心地から最も近いのは板橋店

さて、そんなanytime fitness愛好家の僕が楽しみにしていたのは、異国のジムを利用すること。多分、日本と違うんだろうなと予測はしていましたが、やっぱり違った!同じanytime fitnessなのに!

 

今回僕が行ったのはanytime fitness板橋店。

 

台北に何店舗かありますが、台北駅から一番近いのが、こちらの板橋店です。よって、出張や旅行で台北駅近辺に滞在される場合はこちらが一番行きやすいかと思います。

台北駅から3駅、乗り換え無しで着きます。最寄りは「江子翠」駅。

 

それでは、早速レビューしていきましょう。

 

anytime fitness板橋店をレビュー

感じたことをありのままに書いていきます。

 

ダンベルが100ポンドまである・・・!

f:id:kevinsakai:20170127124044j:plain

100ポンドつったら、約45㎏ですよ。

日本でも20店舗くらいのanytime fitnessに行きましたが、どこも最も重たいダンベルの重量は30kgでした。板橋店、本格志向かよ!

 

今まで、シュラッグ(両手にダンベルを横にもって、肩をクイッと上げる種目)は30kgで仕方なしに止まっていたので、ようやく記録更新できました。素晴らしい。

バーベルシュラッグやればいいじゃんって話ですが、あれやりにくくて嫌いなんですよねえ・・・。男性なら誰でもわかるはず。

 

だがラックは一つのみ

ダンベルは割と本格志向なのに、フリーウェイトのラック(ベンチプレスやスクワットなど)は一つしかありませんでした。

 

スミスマシンはありますが、あれは厳密にはフリーウェイトじゃなく、マシンなので・・・。

 

なので、時間によっては順番待ちが発生しそうです。

 

給水機があるけど何故か熱湯が出る!

f:id:kevinsakai:20170127124810j:plain

左から、温水、熱湯、冷水が出ます。

 

熱湯とかカップラーメンでも食うつもりか?と思っていましたが、熱い水を飲むのは彼らの文化みたいですね。中国・台湾の水は硬水のためそのまま飲めなかったり、身体を冷やすことは内蔵を冷やして不健康になるとの考えらしいです。

 

お湯こそが最大のインバウンド集客アイテムだ! - 中国語でインバウンド接客!

 

面白い。ジムに行って筋トレするだけで、異文化を体験することができる。

筋トレ最高・・・!

 

日本ではありえない、スクールが開催されるスペースがある。 

f:id:kevinsakai:20170127125238j:plain

日本のanytime fitnessではまず見ない、スクールなどが行われる広い空間がありました。

同じ系列のジムなのに、国が違うだけでコンセプトが違うみたい。

 

f:id:kevinsakai:20170127125330j:plain

ボクシングなどのスクールが行われているようです。無料・有料かは確認できず。

 

シャワー室が5つくらいあるし、ホテルのシャワーばりに広い

f:id:kevinsakai:20170127130033j:plain

ホテルっぽいシャワー室でなんとなくリッチな気分になりました笑。

 

しかも、ボディーソープとシャンプーまでも備え付け。

日本のanytimeも見習ってほしい。

 

ただし、トイレとシャワー共同だし、シャワー室の外にマットが敷かれていないので、そこは日本のがいいですね。

 

スタッフがびっくりするくらい愛想よい。

感動しました。

 

まず、入り口でキーをかざすセンサーが見つからずオドオドしてたら、走って開けてくれたり、「初めてだったら、案内しましょうか?」とか聞いてくれたり。

 

帰りも満面の笑みでBye!と言ってくれる。

日本のanytimeも挨拶はしてくれますが、なんていうか、機械的なんですよね。マニュアルだからやってます、みたいな。

 

板橋店のスタッフさん、めっちゃ温かいです。また行きたいですね。

 

台北でanytime fitness行くなら、板橋店でハズレません。 

以上、anytime fitness板橋店のレビューでした。

 

同じジムなのに、日本と結構違うところが多く、面白かったです。

これまでの筋トレも板橋店なら、問題なく行えそうです。

 

f:id:kevinsakai:20170127130343j:plain2階にマシンも一通り揃っています。

 

anytime fitnessの会員の方は、是非台北にお越しの際は板橋店に行ってみてください。

勿論、有酸素系も日本のと遜色ないくらい揃っています。

 

なお、anytime fitness以外の会員の方は旅行中や出張中の筋トレは困難かと思いますので、持ち運びに便利な筋トレグッズを持参するのがいいでしょう。

 

腹筋ローラーはスペースもさほど取りませんし、腹筋を効率良く鍛えられるのでオススメです。僕も世界一周の旅に持参しています。

トレーニングチューブは全身を鍛えることができるので、個人的には出張・旅行にマストですね。チューブは特に肩の種目や脚を鍛えるランジが得意ですね。