私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

誰も語らないゲストハウス(ドミトリー)に泊まることのデメリット7つ挙げるよ

ゲストハウスと聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

 

「国際交流」

「友達ができる」

「面白い人と出会える」

 

などなど、なんとなくポジティブなイメージを抱えている方が多いんじゃないでしょうか。

 

確かに、それらは嘘ではありません。僕は半年バックパッカーしていますが、中には本当にいい出会いもあり、「あのゲストハウスに泊まってよかったな~」って思うことが多々あります。

 

でも、実はストレスが溜まることも多いんですよね。特に、長期旅になればなるほど、「個室に泊まりたい欲」がみるみると溜まっていきます。

 

今回は、誰も語らないゲストハウス(ドミトリー)に泊まることのデメリット7つ挙げました

f:id:kevinsakai:20170705134259p:plain

目次

 

1. 安眠するのが困難

f:id:kevinsakai:20170705121049j:plain

いきなりナンバーワンのデメリットですが、ゲストハウスで安眠することは非常に難しいです。なぜなら、海外のゲストハウスに泊まる方の多くは、日本人みたいな気遣いができないんですよね。

例えば、こんなことがあります。

 

【いびきが何かスゴイ】

もはや「気遣い」でどうこう出来る問題ではありませんが、6人部屋とかだと一人はいびきがスゴイ人がいますね。

 

いびきは本人もどうすることもできないので、部屋を替えたい旨をスタッフに連絡するか、諦めて耳栓かイヤホンして寝るようにするしかありません。これが結構ストレス溜まるんですよねえ。

 

いびきがデカすぎる人は耳栓を余裕で貫通するので、遮音性に優れた密閉型のイヤホンで音楽を流すのが良いでしょう。僕はSHUREのイヤホンを愛用しています。音質も最高です。

 

【夜中に大声でしゃべる人がいる】

海外には日本人みたいに「寝てる人いるし、小声でしゃべろう」という気遣いが出来る人が多くありません。

 

仲間と飲み会帰りに大声で喋ったり、いきなり電話で通話を始めたり・・・。

ここはお前の家じゃないんだが?

 

【夜中にライトを平気でつける人がいる】

頼むから、スマホのライトを使ってください・・・。

深夜いきなりの全体照明ONは無慈悲すぎます。

 

【ベッドでイチャイチャするカップルがいる】

日本だと信じられないかもしれませんが、カップルでバックパッカーしてる人はドミトリーのベッドでもイチャり始めます。

 

中には行為が始まってしまうこともあるんだとか・・・。もう一度言うけど、ここはお前の家じゃないんだが?

 

2. プライバシーがない

f:id:kevinsakai:20170705123135j:plain

ドミトリーなので、同じ空間に何人も寝ることになります。

ベッドにカーテンがあってプライバシーを確保できる宿もありますが、残念ながら全てがそうではありません。そうなると、完全に一人になれるのは「トイレの個室」か「シャワー室」くらい。

 

外交的で寂しがりな人にとってはさほど問題ないかもしれませんが、僕みたいに一人の時間・空間を大切にしたい人にとっては結構ストレスが溜まるんですよね~。

 

3. 内輪ノリについていけないときがある

f:id:kevinsakai:20170705123916j:plain

沖縄やバンコクなど沈没(長期で滞在すること)しやすい地域のゲストハウスにありがちなんですが、既に宿泊客同士で固い絆が結ばれていることがあるんですよね。

 

挨拶しても反応が薄かったり、向こうから会話を広げなかったり。必死に会話に入って自己アピール続ければ輪に入れなくはないんですが、正直面倒くさすぎます。

 

まあ、これは日本人宿に限ることが多いんですが。やっぱり海外の人の方がよっぽどオープンなんですよねえ。

 

※日本人宿:日本人が運用する、日本人のための海外のバックパッカー宿のこと。

 

4. ゲストハウスの"住民"が偉そうで辛い

f:id:kevinsakai:20170705124754j:plain

 

僕は旅行にハマる前、ゲストハウスはバックパッカーが宿泊するものだと思っていたんですが、実質"住んでる"人が意外に多い。特に物価の高い先進国に。

 

今滞在しているシンガポールのゲストハウスにも、マレーシアやインドネシアから出稼ぎに来ている人が多く滞在しています。

 

気になるのが、見えないヒエアルキーを感じることがあること。

 

彼らにとってみれば、このゲストハウスは「家」。僕たち短期滞在者は「下」で彼らは「上」なんですよ。

 

その証拠に、偉そうな態度を取られることがあります。夜中の通話を注意しても逆ギレされたり、挨拶は基本無視だったり。

短期・長期の滞在に関わらず、僕たちは皆ゲストハウス側からすれば同じ「客」なのでヒエラルキーなにも存在しないはずなんですがね・・・。

 

5. トイレ、洗面台などの共有スペースが汚いときがある

f:id:kevinsakai:20170705130157j:plain

宿泊者が共有で使う洗面台が痰まみれだった時の落ち込み具合は異常。なぜか陰毛がそっと置かれてることもあります。君はなぜそこにいるんだい?

 

あとは、汚い話ですがトイレにウ〇コがこびりついてたり、トイレットペーパーが散乱してたり、蓋を開けないで小便する人がいたり、タバコの臭いがしたり・・・。

 

全員が全員マナーを守れる人じゃないので、こういったところでもストレスが溜まるんですよね。

 

6. ブッスカ屁をこく人がいる

f:id:kevinsakai:20170705130913j:plain

生理現象なので「屁をこくな」とは言いません。

 

だけども、静まり返ってるときに「ボフッ」「ブリュリュー」「ボップスゥー」みたいな必要以上に大きな音を出されると、もう不快感が半端じゃないです。

 

気になるのは僕くらいでしょうか・・・。さすがに女性部屋ではないですよね?

 

7. 盗難のリスクがある

f:id:kevinsakai:20170705131313j:plain

盗難に気をつけなかければいけないのも、ゲストハウスに泊まることの大きなデメリットでしょう。

 

大体の宿がロッカーを準備してくれてるので、貴重品はそこに入れとけばOKですが、衣類や日用品が盗まれることもあります。

僕はシンガポールで新品の歯磨きブラシを盗まれました。別に金額的には大したことがありませんが、「盗みを平気でする人が同じ空間にいること」に対する不安感・不快感はかなり感じましたね。

 

なお、地域・宿によってはロッカーを自由に開け閉めできる従業員による盗みもよく聞く話。ロッカーがあるからと言って安心できないのもしんどい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

細かいことを挙げたらもっと出てきそうですが、今回は主要なデメリットをご紹介させてもらいました。

 

これだけ言いましたが、当然ゲストハウスに泊まるメリットも沢山あります。

一生の友達ができる可能性があるし、今まで話したことのない国の人と交流して視点を広げることもできる。なにより、宿泊費が安い。

 

こういったメリットがあるから、なんだかんだ言って僕はゲストハウスに泊まり続けるんでしょう。

 

以上、「誰も語らないゲストハウス(ドミトリー)に泊まることのデメリット7つ挙げるよ」でした! 

 

■おすすめ記事:

www.kevin-son.com