私はゴリラになりたい

旅と筋トレをこよなく愛する僕のブログ

【始動】ロバを買ってキルギスの大自然を一緒に旅します。

こんにちは、ケビンです。

 

世界一周旅行に行く前から、「これは絶対にやりたい」ということが幾つかありまして。

そのうちの一つ、「ロバを買って一緒に仲良く旅をする」をついに実現させるときが来ました。

 

 

キルギス ロバ旅の構想

f:id:kevinsakai:20170725012548j:plain

引用元サイト

 

動物市場でロバを購入

 

僕がいま滞在してるキルギスには大規模な動物市(アニマル・マーケット)が毎週日曜日、早朝から10時ごろまで開催されています。地元民が家畜を売りに来るんですね。

 

事前に仕入れた情報だと、馬・牛・羊・ヤギ・ロバなどが誰でも買えるそう。

 

ちなみに、価格の相場感を調べてみると、

 

馬:約100,000円

羊:約10,000円

ヤギ:約8,000円

ロバ:約10,000円

 

てな感じでした。想像を遥かに超える安さ・・・!

 

ヨーロピアン・アメリカ人の間ではロバを買って旅をするのが割と有名みたいで、一緒に旅すればペットとして愛でることができるし、なにより重たい荷物を背負ってくれるのでトレッキングのお供に最適なんですね。

 

僕、隠してましたが無類の動物好きなんですよ。

タンパク源にしようとは思っていません。単純に動物と戯れるのが好きなんです。

旅も好きだし、トレッキングも好き。

 

そうだ、全部一緒にやろう。そんなノリでロバを買って旅をします。

 

ただ、一つ懸念があって、最近はロバが市場に並ぶことは稀だそう。

理由は、中国人が買い占めて自国で食用として売り払ってるからだとか、単純にキルギスでは需要がないからだとか色々憶測があるみたいですが、とにかく、ロバが買えない可能性が大いにあるのです。

 

その場合は、仔牛・仔馬・羊のいずれかを買います。(羊って荷物持たせることできるのかな?)

 

羊を連れて旅するとか逆に新しいな!

 

ロバと一緒に旅する想定ルート

f:id:kevinsakai:20170725130603p:plain

カラコルという動物市が開催される街でロバを買い、イシク・クル湖を反時計回りでトレッキングするルートを取ります。ゴールのBalykchyという街まで220㎞。

 

通常、このエリアは乗り合いバスやヒッチハイクで移動するのがメジャーですが、ロバを連れてると自動車に乗るのは難しいでしょう。

 

よって、220㎞を歩くことになるかと思います。

時間的には44時間ほど歩けば着きそうなので、一日6時間歩けば7日で到着する計算です。

 

[2017.07.29追記]

ルートを変更しました。

 

変更前:池の北側をトレッキングするルート

変更後:池の南側をトレッキングするルート

 

※距離的にはほぼ変化なし。約220kmです。

 

変更の理由としては、

①:イシク・クル湖は南側の方が自然が残されている。北側は逆に観光産業が発展。

②南側の方が見どころが多い。Jeti-Oguz, Tamga, Fairy Tale Canyonなど、単純に歩いてて楽しそう。

③南側の道路の方が池に近い=池を近くに見ながら歩ける

 

こんな感じで、いつも計画だけザックリと決めて、現地で情報を調達しつつ柔軟に変更していってます。

 

ゴールしたらロバはどうするの?

ゴールしたら売っぱらいます。

 

1万円くらいで買って、5千~8千円で売れたらいいかな・・・と言った感じです。
中央アジアではロバに台車引かせたりしてる人をたまに見かけるので、買い手を探すのにそんなに苦労はしないんじゃないかな。

 

ということで、引き続きブログでレポしていきますので、ロバ・フェチの皆さんはお楽しみに!

 

追記:ロバ旅 挫折しました

残念ながら、ロバと旅できませんでした・・・。

なぜか?ロバを買いに行った当日の話をしますね。

 

午前6時に起きたぼくは、意気揚々とアニマルマーケットに向かったわけです。

 

f:id:kevinsakai:20170730140209j:plain

・・・が、ロバが売られておりませんでした。

 

代わりに羊(小柄で超かわいい)を買ったんですが、速攻売ってしまう結果に。

時系列でお話させてください。

 

世界第2位のアニマルマーケット(動物市)に潜入

f:id:kevinsakai:20170730140253j:plain

キルギスには琵琶湖の9倍の大きさを誇る塩湖「イシク・クル湖」があり、その東の街「カラコル」にアニマルマーケットがあります。

※アニマルマーケットは毎週土曜22:00~翌10:00頃まで開催。

 

f:id:kevinsakai:20170730140209j:plain

羊やヤギ、

 

f:id:kevinsakai:20170730140740j:plain

馬、

 

f:id:kevinsakai:20170730140802j:plain

牛などが売られている活気のある動物市場です。

 

f:id:kevinsakai:20170730142037j:plain

馬の蹄鉄を装着する現場が観察できたり。

 

f:id:kevinsakai:20170730142556j:plain

金槌でガンガンと打ち付けられる様子はとても痛々しかった・・・。

 

また動物の値段はサイズ・状態で大きく変動しますが、僕が聞きまわった結果、こんな感じでした。

 

  • 馬:10万円~
  • 牛:(聞き忘れました)
  • 仔牛:2万円~
  • 羊・ヤギ:5000円~。

 

事前に安く動物が買えることは聞いていたので、今回ロバを買って一緒に旅を楽しもうと思ったわけですが・・・。

 

ロバの姿は確認できず。

f:id:kevinsakai:20170802114500j:plain

引用:『ピューと吹く!ジャガー』 うすた京介

 

予めリサーチしていたので想定はしていましたが、やはりロバはいませんでした。ぐぬぬ・・・。

しょうがないから、ヤギ・羊のいずれかを買うことに。仔牛・仔馬は予算オーバーなので除外。

 

 10分ほど市場を歩き回り、買った子が・・・

 

f:id:kevinsakai:20170802115605j:plain

この子!

どうですか?超プリチィじゃないですか?可愛すぎますよね!ねえ!(強要)

 

ヤギだか羊だかわかりませんが(見分けが難しいらしい。けど多分羊)、この子にした一番の理由は可愛かったから。

「なんだその理由は」って感じですが、一緒に220㎞歩いて旅するなら可愛い方がいいに決まってる。

 

次に、従順そうに見えたから。

 

ヤギとか羊って、基本言うこと聞かないんですよね。

首に巻いてるロープを引っ張っても、全力で抵抗するので、多くのキルギス人は買ったヤギ・羊を二人がかりで車まで誘導していました。一人が首を引っ張り、もう一人がお尻を押す感じで。

 

けど、僕の羊は軽く引っ張ると抵抗せずに着いてきたんですよね。まるでご主人の後ろを従順に歩く犬のように。

 

これは買いだな、と思ったわけです。 

わずか1500ソム(約2400円)現金で支払い、早速アニマルマーケットを出ようとしました。

 

いくぞ、ひっちゃん!(仮名)

ガッ!ガッ!(必死の抵抗)

・・・ん?

(もう一回引っ張ってみよう)クイッ。

ガッ!

あらやだ、この子ったらぜんっぜん動かない。

 

なんと、さっきまで従順だったのに一切動かなくなってしまいました。

 

f:id:kevinsakai:20170804170739p:plain

ひっちゃんが座り込んでしまってから10分は経っただろうか。(注:生きてます)

一向に起き上がる気配がしないので、強めに引っ張ってみたらついてくるんだけどほぼ引きずられてる状態。咳き込んでしまうし辛そう。

 

(苦しそうな顔)

ご、ごめんね・・・

 

一生愛すと決めてから15分でひっちゃん売却

f:id:kevinsakai:20170804171630p:plain

ひっちゃんと一緒に旅するのは困難だと確信した僕。

15分くらいしか飼い主じゃなかったけど、買い手が見つかったので売ることにしました。

 

値段は1000ソム、約1600円。

1500ソム(約2400円)で買ったので800円の損失。

 

売った相手は6匹の羊を販売していたキルギス人。購入金額の1000ソム以上で売れると判断したのでしょう。

 

バイバイひっちゃん!元気でね!

 

まとめ

そんな感じで、「ロバを買ってキルギスの大自然を旅する」という夢はあっけなく散りました。

今回の教訓は以下の2つ。

 

カラコルのアニマルマーケットにはロバは売られていない

他の多くの方のブログにも書かれてますが、ロバを動物市場で見かけることは稀です。

 

それでもロバが買いたい方は以下を試してみるといいかもしれません。

  • カラコルのアニマルマーケットは毎週土曜日22:00~翌10:00頃まで。僕は日曜日の7時頃に行きましたが、前日の22時の開始直後に行くとロバがいるかもしれません。
  • Tokmok(首都ビシュケクから東に40㎞くらい)という町でもアニマルマーケットが開催されています。
  • 民家を渡り歩き、ロバを売ってくれそうな家を探す。

 

アニマルマーケットで売ってるのが一番良いんですが、キルギスでは需要が少ないそうです。とはいえ、ロバを飼ってる民家は割と多いので、直接交渉すれば売り手が見つかるかも?

 

羊とトレッキングの旅をするのは不可能

いや、わかってたんですよ。

でも、僕が買った羊は抵抗せずに一緒に歩いてくれたんですよ。だから買ったんです。

 

入念に一緒に歩き回った後に購入したんですが、買った途端にこれでもかというくらいに抵抗する。はっきり言って、ものすごい力でした。

 

羊が言うこと聞かないのは習性。一緒に旅しようという馬鹿な考えは止めましょう。(まあ僕のことなんですが)。

 

とはいえ、異国で羊を買い、売却するという貴重な経験ができたので、ロバ旅こそ実現しなかったけど、いい経験になりました。

 

アニマルマーケットはロバが買えなくても非常に面白い場所でしたよ!キルギスにお越しの際はぜひ。 

ロバ旅を楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ございませんでした。

 

以上、「ロバを買おうとするも、売ってなくて羊を買う。が、羊も結局すぐに売ってしまった話」でした!

 

 

 

■関連記事:

www.kevin-son.com