私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

【始動】ロバを買ってキルギスの大自然を一緒に旅します。

こんにちは、ケビンです。

 

世界一周旅行に行く前から、「これは絶対にやりたい」ということが幾つかありまして。

そのうちの一つ、「ロバを買って一緒に仲良く旅をする」をついに実現させるときが来ました。

 

ロバ旅の構想

f:id:kevinsakai:20170725012548j:plain

引用元サイト

 

動物市場でロバを購入

 

僕がいま滞在してるキルギスには大規模な動物市(アニマル・マーケット)が毎週日曜日、早朝から10時ごろまで開催されています。地元民が家畜を売りに来るんですね。

 

事前に仕入れた情報だと、馬・牛・羊・ヤギ・ロバなどが誰でも買えるそう。

 

ちなみに、価格の相場感を調べてみると、

 

馬:約100,000円

羊:約10,000円

ヤギ:約8,000円

ロバ:約10,000円

 

てな感じでした。想像を遥かに超える安さ・・・!

 

ヨーロピアン・アメリカ人の間ではロバを買って旅をするのが割と有名みたいで、一緒に旅すればペットとして愛でることができるし、なにより重たい荷物を背負ってくれるのでトレッキングのお供に最適なんですね。

 

僕、隠してましたが無類の動物好きなんですよ。タンパク源にしようとは思っていません、単純に動物と戯れるのが好きなんです。旅も好きだし、トレッキングも好き。そうだ、全部一緒にやろう。そんなノリでロバを買って旅をします。

 

ただ、一つ懸念があって、最近はロバが市場に並ぶことは稀だそう。理由は、中国人が買い占めて自国で食用として売り払ってるからだとか、単純にキルギスでは需要がないからだとか色々憶測があるみたいですが、とにかく、ロバが買えない可能性が大いにあるのです。

 

その場合は、仔牛・仔馬・羊のいずれかを買います。(羊って荷物持たせることできるのかな?)

 

羊を連れて旅するとか逆に新しいな!

 

ロバと一緒に旅する想定ルート

f:id:kevinsakai:20170725130603p:plain

カラコルという動物市が開催される街でロバを買い、イシク・クル湖を反時計回りでトレッキングするルートを取ります。ゴールのBalykchyという街まで220㎞。

 

通常、このエリアは乗り合いバスやヒッチハイクで移動するのがメジャーですが、ロバを連れてると自動車に乗るのは難しいでしょう。

 

よって、220㎞を歩くことになるかと思います。

時間的には44時間ほど歩けば着きそうなので、一日6時間歩けば7日で到着する計算です。

 

[2017.07.29追記]

ルートを変更しました。

 

変更前:池の北側をトレッキングするルート

変更後:池の南側をトレッキングするルート

 

※距離的にはほぼ変化なし。約220kmです。

 

変更の理由としては、

①:イシク・クル湖は南側の方が自然が残されている。北側は逆に観光産業が発展。

②南側の方が見どころが多い。Jeti-Oguz, Tamga, Fairy Tale Canyonなど、単純に歩いてて楽しそう。

③南側の道路の方が池に近い=池を近くに見ながら歩ける

 

こんな感じで、いつも計画だけザックリと決めて、現地で情報を調達しつつ柔軟に変更していってます。

 

ゴールしたらロバはどうするの?

ゴールしたら売っぱらいます。

 

1万円くらいで買って、5千~8千円で売れたらいいかな・・・と言った感じです。中央アジアではロバに台車引かせたりしてる人をたまに見かけるので、買い手を探すのにそんなに苦労はしないんじゃないかな。

 

ということで、引き続きブログでレポしていきますので、ロバ・フェチの皆さんはお楽しみに!

 

■関連記事:

www.kevin-son.com