私はゴリラになりたい

旅と筋トレをこよなく愛する僕のブログ

下半身を鍛えていない「見せ筋」野郎は人生損していると思う。

f:id:kevinsakai:20161226183226p:plain

こんにちは!世界一周筋トレでおなじみにケビンです。

 

筋トレを始めてから、悲しいかな、男の身体をジロジロ見るようになりました。

ホモじゃないけど男の身体を見るようになってしまうのは筋トレあるあるじゃないですかね?

 

「お、ええ上腕二頭筋してるやん」

 

「ほーん、中々の胸やな」

 

「背中広いやんけ」

 

とまあ、そんなことを(謎に上から目線で)思ったりするわけですが、「ええやん」と思うのは主に上半身に関することなんですね。

 

「ウホッ!ええ脚してるのう!いい男…。じゅるり」

 

と思うことが残念(?)ながら非常に少ないんです。

 

それもそのはず、実際にジムで見るのは上半身ばかり鍛えている人達。

 

 

要は、

お前ら下半身も鍛えろよこの見せ筋野郎共

ってことです。

 

そんなわけで、今回は「なぜ脚を鍛えるべきなのか?」そのメリットについて主に紹介していきます。

最終的には、脚を鍛えていない人は人生損してるという結論に達しました。

 

 

見せ筋肉野郎に伝えたい下半身を鍛えるメリット①:上半身も大きくなりやすい

f:id:kevinsakai:20171009172426j:plain

人の筋肉の70%は下半身に集中しています。

 

「え、そんなに?」と思うかもしれませんが、考えてみたら当たり前の話で、下半身は身体を支えるいわゆる「土台」。

下半身に筋肉を集中させるのは人体構造的に非常に理にかなってるんですね。

 

そして、下半身を鍛える最大のメリットは、上半身も大きくなることです。 

それはなぜか?

 

上半身もでかくなる理由その①

例えば、大胸筋を主に鍛える種目として「ベンチプレス」がありますよね。

 

ベンチプレスは確かに大胸筋を狙った種目ではありますが、大胸筋の他に腕、背中、腹筋、そして脚などの筋肉も補助的に使っているんです。

 

普段ジムで鍛えている人は試しに1〜2週間ベンチプレスを休んでみてください。その状態で久しぶりにベンチプレスをすると、腹筋や脚にも刺激が入っていることがわかると思います。

 

これって筋トレが慣習化すると気づきにくい事実なんですよね。

 

よって、脚を鍛えればベンチプレスの重量も伸び、大胸筋により効かせることが出来るんです。

 

背中を主に鍛える種目として有名な「デッドリフト」も同じです。

デッドリフトは背中だけでなく、ハムストリング(太ももの裏側の筋肉)も使うので、脚の筋肉が不足しているとデッドリフトの重量も伸びません。

 

「最近ベンチプレスやデッドリフトが伸び悩んでいる」という人は是非下半身の強化に取り組んでみてください。

 

上半身もでかくなる理由その②

「脚を鍛えると上半身もデカくなりやすい」、その2つ目の理由は人体構造的な理由です。

 

基本的に、筋肉や脂肪は身体にまんべんなくついていきます。もちろん、程度の差はありますが。

例えば、毎日ものすごい労力をかけて腕を鍛えると腕の筋肉は集中的につくでしょう。

 

しかしそれは極端な例で、身体は基本的に全体的に筋肉がついていくと考えられています。

 

これは、世界中で絶大な人気を誇るアメリカのデカすぎる筋トレYoutuberのBradley Martyn氏が過去の動画で言っていたことです。

 

So guys, don't skip leg day.

You can't just only work out your upper body and get bigger chests. Your body doesn't work like that.

-Bradley Martyn

 

意訳すると、「みんな、脚のトレーニングをサボるな。皆が欲しいデカイ胸板も、上半身のトレーニングだけでは実現できない。身体の構造上、不可能なんだ。」、とおっしゃっていました。 

 

 

ここで伝えたいことをまとめると、

  1. 脚を鍛えるとベンチプレスやデッドリフトの重要が伸びる可能性がある。それらの重量が伸びると、胸や背中の筋肉が発達する
  2. 上半身のみ発達させるのは人体構造上難しい。よって下半身のトレーニングも怠るべきではない

 

下半身を鍛えるメリット②:バランスの良いカッコいい身体になる

f:id:kevinsakai:20161214125712j:plain

 

f:id:kevinsakai:20161214125723j:plain

 

上の筋肉バカたち。どんな感想を抱きますか?

 

「カッコ悪い」ですよね。

 

上半身の筋肉は相当発達しているのに、下半身が貧弱すぎて、バランスの悪いカッコ悪い身体になってしまっています。

上半身はかっこいいだけに、本当に勿体無い・・・。

 

基本的には部分痩せや部分的な筋肥大は難しいので、上半身だけこんなに大きくできるのはある意味ではスゴイんですが、こうはなりたくないですよね。

 

残念ながら、熱心に上半身ばかり鍛え、下半身をおざなりにしてしまうと彼らのようにいずれなってしまう可能性があります。

 

ここで、アメリカの有名な言い回しをご紹介しましょう。

 

「Don't Skip Leg Day」

 

直訳すると「レッグデー(脚を鍛える日)はサボるな」。

こんな言い回しがあるほど、下半身の筋トレは重要なんです。

 

下半身を鍛えるメリット③:体系を維持するための有酸素運動をする必要がない

f:id:kevinsakai:20171009174529j:plain

下半身を鍛えていれば、有酸素運動をしなくても体系を維持・向上できるのも大きなメリットです。

 

実はボディビルダーやフィジークの選手でも、ランニングなどの有酸素運動をしている人は少ないんです。(大会直前になると取り入れる人も多いんですが)。

なぜなら、やる必要がないから。

 

下半身は筋肉の70%を占めるので、ちゃんと鍛えれば質の良い筋肉がつき、基礎代謝も上がります。よって、脂肪がつきにくい身体になります。

 

まぁ、「基礎代謝が~」とか言っちゃってますけど、個人的に一番思うのは、有酸素運動ってしんどいじゃないですか。笑

 

30分走っても消費できるカロリーはたかだか240カロリーほどです。おにぎり1個分ですよ?

辛いし見返りも少ないので、ぼくだったら有酸素より食事制限と下半身を鍛えますね。

 

脚をしっかりと鍛え、基礎代謝を上げれば有酸素運動をしなくても、一般的なボディメイクにさほど支障がないのも大きなメリットです。

 

下半身を鍛えるデメリット

メリットだけ書くのもアレなので、デメリットについても記述しましょう。

 

 

 

 

・・・。

 

ないです。デメリットナッシング。

 

 

 

強いて言えば、「脚が太くなる」というのは人によってはデメリットに分類されるかもしれませんね。

 

でも筋トレしてる人から見たら、脚太い人の方が強いことは明白ですし、カッコいいですよね。

個人的には断然メリットに分類されます。

 

 

ただ、これだけ脚を鍛えるメリットについて書いても、「人から見えない部分に時間を費やすのはちょっと・・・。」という人がいます。

 

上のメリットの部分でも述べましたが、脚は確かに見えにくい部分ではありますが、鍛えれば上半身も強くなる、ということは覚えておくべきでしょう。

 

あなたが求めてるデカイ上半身を実現するために、下半身のトレーニングは非常に有効なのです。

 

「レッグデー」は人生そのものだと思う

 

皆知っていると思いますが、脚を鍛えるのは本当にしんどいんですよね。

 

でも僕、「レッグデーは人生そのものだな」と思うんです。

 

「は?何言ってるのコイツ?」

っというツッコミは我慢して聞いてください!

 

繰り返しになりますが、下半身を鍛えている最中は本当にしんどいです。

終わった後は産まれたての小鹿のように脚はプルプルだし、階段を上がるのもままなりません。でも、終わったあとに毎回「今日脚を鍛えて本当に良かった」と思うんですよね。

 

僕がトレーニングの中で脚を鍛えるのが一番好きな理由は、終わった後の達成感が一番強いからです。

 

これって人生と似てませんか?

 

生きている最中は辛いことも多いけど、振り返ってみたら「やってよかったな」「無駄じゃなかったな」と思えることって沢山ありますよね。

 

そう、

下半身の筋トレは人生と同じなんです。(断言)

 

レッグデー=人生

 

言い訳はもう止めにして、最高の人生を送るために脚を鍛えよう。 

辛いけど、絶対に後悔しないから。

 

脚を鍛えるのはしんどいけど、乗り越えたときの喜びはたまりません。

自分を抱きしめたくなるほど、誇らしい気分になれます。それを知らないあなたは人生絶対に損してる。

 

後悔はしないはずだから、脚を鍛えましょう。

 

上半身だけ鍛えるのは辞めだ!おすすめ下半身の筋トレ種目(メニュー)

どうせやるなら、高重量で徹底的にいじめ抜きましょう。

 

僕が取り入れている脚によく効くメニューは以下のような感じです。

 

  • スクワット(5回6セット)
  • ランジ(10回4セット)
  • レッグエクステンション(10回4セット)
  • カーフレイズ(10回4セット)

 

ポイントは「スクワットの後にやるランジ」。

スクワットでは高重量で筋量をつけ、その後のランジは低重量・高回数でさらに追い込むイメージです。これがメチャクチャ効くので、是非やってみてください。

 

とはいえ、脚の筋トレはやる前が辛すぎるので、僕はモンスター(白がカロリーゼロで美味しい)やBCAAを飲んで気分をブチ上げて挑んでます。

 

▲モンスターの白。カロリーゼロなのにとても美味しい。コンビニで毎回買うより、Amazonでのまとめ買いが断然オトクですよ。

 

▲XTEND社の美味すぎるBCAA。トレーニング時の集中力を持続させる効果と筋肉の分解を防ぐ効果があります。集中力と粘る力が実感できるので脚トレに必須のサプリです。

 

 

▲脚トレでせっかく追い込んだなら、プロテインを飲んで筋肉にタンパク質を与えないと勿体ない!上のビーレジェンドのプロテインが安くて成分もよくておすすめです。安心の国産です。

 

見せ筋に告ぐ!下半身を鍛えよう!脚トレはやるたびに人生の醍醐味を享受できる

いかがでしたでしょうか?

 

少々乱暴な口調で書いてしまいましたが、脚トレを行うモチベーションになったならば、幸いです。

 

ブログ更新の際はTwitterでお知らせしています。よろしければ、以下のリンクからフォローしてください!

 

twitter.com

 

ではでは!

 

 

関連記事:

 

www.kevin-son.com

 

www.kevin-son.com