台湾のすき家の牛丼が美味しすぎて感動。日本との驚くべき違いとは?

台湾に滞在して2週間。

はじめは美味しくて舌鼓を打っていた台湾料理に少し飽きはじめていました。

「本当に残り2週間も滞在するのか?もう無理。ぐぬぬ」

と満身創痍の状態で見つけたのが『すき家』でした。

値段も日本と変わらないレベルだったので見つけて2秒で入りましたね。あのときのぼく、相当速かったです。

そこで食べた台湾のすき家の牛丼の味が忘れられないのでご紹介します。

この記事でわかること:

  • 台湾のすき家の概要(店舗数、営業時間など)
  • 食レポ
  • 日本のすき家との違い

それではいってみましょう!

台湾のすき家の店舗数・場所・営業時間

台湾すき家の公式Facebookによると、2018年6月時点での台湾内の店舗数は25となっています。台北エリアでこれだけあるので、かなり多い印象です。

最寄りの店舗はグーグルマップなどのマップアプリを起動して「すき家」と検索すればすぐに出てきます。

台北駅など中心地に展開してるのでアクセスはしやすいかと思いますよ。

営業時間は店舗により異なりますが、およそ半分が24時間営業で残り半分が10:00(または9:00)〜23:00でした。便利すぎますね…。

スポンサードリンク

お店の外観と内観。日本と変わらないレベル

f:id:kevinsakai:20180616021914j:plain

お店の外観はこんな感じ。ここだけ見ると日本にしか見えませんね笑

f:id:kevinsakai:20180616021922j:plain

入り口はこんな感じ。ローマ字で『SUKIYA』と大きく書かれている以外、パッと見 日本と同じ。

f:id:kevinsakai:20180616021931j:plain

食品サンプルを見る限り、日本と全く同じメニュー!がぜんテンションが上がりました。

f:id:kevinsakai:20180616022831j:plain

店内の写真がこちら。

いや、マジでそのまますぎる。安心感が半端ありませんでした。

台湾のすき家のメニューと価格

それでは、メニューを見ていきます。

ここまで日本と全く同じですが、台湾ならではのオリジナリティはあるのでしょうか?

f:id:kevinsakai:20180616022742j:plain

牛丼の種類は見た感じ日本と一緒ですね。

3種のチーズ牛丼、ねぎたま牛丼などが…この2つ、うますぎるんですよね。

f:id:kevinsakai:20180616022810j:plain

季節限定メニューはキャベツと桜えびの牛丼。これも美味しそう。

f:id:kevinsakai:20180616022754j:plain

飲み物はアサヒビール、コーラ、カルピス、フルーツジュースなど。

アサヒは50TWD(約180円)なので日本より全然安いですね。

f:id:kevinsakai:20180616022801j:plain

ぼくが結局頼むことにしたのは通常牛丼の野菜・お味噌汁セット。

はじめての台湾すき家なので、やはり一番おすすめっぽいメニューを頼むべきかと思いまして。

牛丼のセットについてくる野菜は日本にない、台湾オリジナルのメニューなので楽しみ。

f:id:kevinsakai:20180616022934j:plain

各テーブルに設置されているボタンを押すと店員が来てくれます。日本かココは?

スポンサードリンク

牛丼を実食!日本との味の違いは?

f:id:kevinsakai:20180616025722j:plain

どどん!

う、うまそすぎる…!慣れ親しんだ牛丼がそのままの器で運ばれてきました。感動すら覚えるレベル。

よく通った、神奈川県 湘南台の店舗を思い出します。レジのおばちゃん、元気かなあ。

f:id:kevinsakai:20180616025758j:plain

それでは、いただきます。

むしゃむしゃ・・・。ムムッ!これはッ!

味が日本と全く同じです。違いはぜんぜん感じませんでした。最高。

f:id:kevinsakai:20180616025806j:plain

当然、紅生姜も大量投入しました。お店潰れるくらい入れましたね。

紅生姜も味・食感は同じ…ここは日本か?(2回目)

f:id:kevinsakai:20180616025744j:plain

そして気になっていた台湾限定のこちらの『青菜』というメニュー。見た感じ、普通の ゆで野菜ですが味はいかに・・・?

f:id:kevinsakai:20180616025752j:plain

いただきます。

むしゅむしゅ・・・ムムッ!これはッ・・・・!

何これ超おいしい。

茹で加減は完璧で、シャキシャキさが残っています。そしてポイントはきざみニンニク!これが良いアクセントになっているんです。

ニンニクの量もかなり多くて一瞬で口が臭くなりそうですが、美味しすぎて気になりません。なんだこれは。日本でも展開してほしいレベル。

ものの10分で平らげ、大満足でレジに向かったのでした。

f:id:kevinsakai:20180616031343j:plain

お会計は99元、約360円。日本と変わらないレベルの圧倒的な安さ。

台湾で食べる日本料理は高いことが多いのですが、すき家は同程度の料金でした。ありがたすぎる…!

まとめ:台湾のすき家は日本とほとんど同じ。安心の味と美味しさ

以上、「台湾のすき家が日本と同じで美味すぎる」というお話でした。

台湾料理に飽きた長期滞在者のオアシスでした。毎日食べてもいい。それくらい気に入りましたね。

日本のレストランは海外に展開する場合、その国に合った仕様に変化させるのが普通です。
なのに、台湾のすき家は内装・外装・メニューや料理の器まで、ほとんど日本と同じでした。

例えば、アメリカの吉野家は『スパイシーチキン丼』など、現地向けのメニューを開発してシェアを広げています。

f:id:kevinsakai:20180616033204j:plain

引用:https://www.yoshinoyaamerica.com/our-menu

これはこれで美味しいんですが、もはや吉野家ではない気がします笑。

このように、海外に展開する場合、ふつうは現地向けにローカライズするんですが、すき家の場合は台湾限定メニューが少しあるだけで、ほとんど日本と同じなんです。

台湾の場合、むしろ台湾向けにガチガチにローカライズしないほうが受け入れられるんでしょうね。

さすが台湾。日本の文化の許容レベルが半端ではありません。

それでは以上です。台湾のすき家は安心の味なので是非行ってみてください!

スポンサードリンク

以下の台湾関連の記事も読んでみる?

関連記事

沖縄でタコスだけは絶対に食べない方がいいたった一つの理由。おすすめなど無い。

アメリカ発祥のメキシカン「チポトレ」をイギリスで食べた!筋トレ好きは必食。

ウザイと評判のインドでムカついた出来事3つ挙げる。

ブリュッセルのムール貝有名店シェ・レオンは行く価値ナシ!【Chez Leon・レ...

【絶景】スイスの大自然を眺めながらの筋トレが最高すぎた【飯もうまい】

ニートの僕が筋トレYoutuberアレックの大学に潜入してみた【Alek・インペ...