私はゴリラになりたい

旅と筋トレをこよなく愛する僕のブログ

沖縄でタコスだけは絶対に食べない方がいいたった一つの理由。おすすめなど無い。

沖縄でタコスは食べる必要がありません。

理由はただひとつ、「美味しくないから」です。

 

こんにちは、世界一タコスを愛してるケビンです。

 

アメリカ・カリフォルニアに住んでいた頃、毎日のようにお昼や放課後に食べていました。

サイズの大小はありますが、生涯で1,000個くらい食べていると思います。それくらいのタコスラブです。

 

よって、「那覇・タコス食い倒れ旅」を非常に楽しみにしていました。

が・・・

 

結論から言うと、沖縄のタコスは「本当に美味しい」と思えるお店が皆無でした。

「美味い店は絶対にある!」と信じ、6軒もハシゴしたことを激しく後悔しています。

 

今回は沖縄のガッカリ・タコスランキングを発表します。

 

 

 

那覇・国際通り周辺のガッカリ タコス屋ランキング

 

まずはじめに

僕がこの日伺ったお店は以下の6店です。

  • 赤とんぼ
  • Tacos-ya
  • ジャンゴジャンゴ
  • チャーリー多幸寿
  • ジョージレストラン
  • ラッキータコス

 

有名店を片っ端からハシゴしました。

それでは、いってみましょう。

 

沖縄タコス・ガッカリランキング1位:ジャンゴジャンゴ

f:id:kevinsakai:20170124203138j:plain

▲タコス2個セット500円。謎に中華スープ付。

 

こちらが一番ガッカリしたお店。 

ここは一言で言うと「家で作れるレベルのタコス」を提供していました。

 

サルサ、生地、レタス、肉、全てが市販の素材っぽいんですよ。

こだわりが一切感じられないお店でした。

 

中華スープのサービスはありがたいんですが、この組み合わせの意味は…?

 

いきなり酷評ですが、不味いわけではないし、普通に食べられます。「家で作れそう」ってだけで、この順位としました。

 

沖縄タコス・ガッカリランキング2位:赤とんぼ

f:id:kevinsakai:20170124203852j:plain

▲3つで600円のハードシェル・タコス

 

ここは地元民に長いこと親しまれているとのことで楽しみにしていましたが、残念ながらハズレでした。

 

まず、場所が国際通りから10分くらい歩くので行きにくい。

の割には、サイズも小さめだし、生地が揚げてから時間が経ってるのか、全くパリパリしていなかったのが非常に残念でした。肉の量も少なかったです。

 

ただ、サルサはこの日食べた中では一番好みの「トマトの形が残っているトマト感のあるサルサ」。結構本格的で、アメリカのメキシコ料理店でも提供してそうなレベルでした。

 

肝心のタコスがアレなのが残念です。

一番期待して行ったので、ガッカリランキング2位としました。

 

沖縄タコス・ガッカリランキング3位:チャーリー多幸寿

f:id:kevinsakai:20170124204411j:plain

▲タコス3点セットで690円。ビーフ、チキン、ツナから選べ、僕はビーフ1個とチキン2個を注文。(ツナは意味がわからないので)。

 

ここはタコスのサイズが群を抜いて大きいです。

肉も多いし、ミンチが粗目のため、食べごたえがありコスパは良いと思います。

 

ただ、シェル(生地)がパリパリじゃないのはただただ残念でした。ハードシェル・タコスは、タコシェルの触感が命です。

揚げたてを提供していないのは減点600点と言わざるを得ません。サルサのトマト感も薄いです。

 

沖縄タコス・ガッカリランキング4位:ジョージスレストラン

f:id:kevinsakai:20170124205017j:plain

▲タコスとインチラダが入ったディナーセット1100円。

 

創業50年、米国統治時代から生き残っている店ということでかなり期待しました。

 

タコスは小ぶりですが揚げたてでよかったです。また、ミンチ肉には他の店にはないジューシーさがあり、悪くない味です。

 

ただ、相対的に悪くないってだけで、アメリカのものと比べたら全体的に劣ります。

 

f:id:kevinsakai:20170124205650j:plain

店の雰囲気は味のある、昔ながらのアメリカレストランって感じでよかったですね。メインの料理がくる前にスープが提供されるのも、アメリカっぽかった。

 

総評:悪くはないんですが、家庭の味って感じで平凡。ただ統治時代の名残を感じられる店ではあるので、雰囲気補正でこの順位。

 

沖縄タコス・ガッカリランキング5位:ラッキータコス

f:id:kevinsakai:20170124210205j:plain

▲タコス1個300円と高め。

 

さて、ガッカリランキング5位はラッキータコスさん!

わかりにくいですが、ココがこの日行った中では一番良かったってことですw

 

作りが全体的に丁寧なタコス屋でした。

タコシェルは薄いけどちゃんとパリッと揚っていて、野菜もフレッシュで綺麗に盛り付けられています。

 

店内も明るくてサーファーっぽい雰囲気。

 

味に関してふつうに美味しかったです。また食べたいレベル。

ただ、このサイズで300円はあまりに高すぎる印象。

 

タコスは手軽に食べられないと意味がないと思っています。

 

「少々高くても美味しいものを食べたい」って人にはオススメできるお店ではありますが、僕みたいに本場の安い・美味いを求めると、ちょっと後悔します。

 

ランキング圏外:Tacos-ya

f:id:kevinsakai:20170124211358j:plain

▲タコス3つで540円。

 

こちらはタコスというより、ピザーラのタコスピザを食ってるみたいな感覚に陥りました。ピザはランキング圏外です。

 

なぜピザっぽいのか?

生地が油をめっちゃ吸ってるし、しかもぶ厚いのでピザを食べてる感覚になったんだと思います。味も特筆すべき点ございません。サルサもトマト感がありませんでした。 


まとめ:沖縄タコス オススメじゃない順ランキング!

いかがでしたでしょうか。

 

最後にまとめると、

  • ガッカリランキング1位:ジャンゴジャンゴ
  • ガッカリランキング2位:赤とんぼ
  • ガッカリランキング3位:チャーリー多幸寿
  • ガッカリランキング4位:ジョージスレストラン
  • ガッカリランキング5位:ラッキータコス
  • ランキング圏外:Tacos-ya

 

分かりにくいですが、下に行くほどオススメってことです。(敢えて言うならですが)

 

沖縄のタコスは独自の発展を遂げていますが、ベースはアメリカ式のハードシェル・タコス。

ハードシェルは嚙んだ時の「バリバリ感」が命なんですよ。それを怠ってる店が多すぎたのが非常に残念でした。

 

また、具材も当たり前のように、全てミンチ肉。

ミンチにしないタイプの肉を提供する店が1店舗くらいあってもいいと思うんですが・・・。あれ滅茶苦茶うまいんですよね。

 

Carnitas tacos

▲こんなんです。肉に注目してください。これが最高に美味しい。

 

 

まぁ色々言いましたが、日本でアメリカ式のタコスを食べるなら、なんだかんだいって那覇が一番うまいでしょう。

ただ、本場アメリカでは恐らくどこも生き残れないクオリティだと感じました。

 

個人的には、沖縄でタコス食べるくらいなら、ソーキそばや沖縄の民族料理の方がおすすめですね。

 

沖縄旅行の参考になれば幸いです。

 

沖縄旅行のホテルやツアーの予約はJTBが安心

沖縄旅行のホテルやツアーの申し込みがまだの方はJTBが大手で安心です。

2泊3日、航空券とホテル付きで2万円台という激安プランがたまにありますので、要チェックですよ!

 

≫JTB公式ホームページへ