私はゴリラになりたい

旅と筋トレをこよなく愛する僕のブログ

筋トレ用に安いワイヤレスイヤホン買ったら捗りすぎた【レビュー】

f:id:kevinsakai:20180110143921p:plain

こんにちは、筋トレを愛してやまないケビンです。

 

筋トレ中に音楽を聴く方が多いと思いますが、「イヤホンのコード邪魔だな」と思ったことはありませんか?

コードがバーベルやダンベルに引っかかったり、スマホを落としてプツッとコードが抜け音楽が途切れたり・・・。実はコード式のイヤホンで知らぬ間にストレスを貯めちゃってるんですよね。

 

こんな無駄なストレスと早くオサラバしたい・・・!そしてできれば安く済ませたい!

と思った僕はAmazon見つけたLermom Loseiのワイヤレスイヤホンを買ったんですが、筋トレが捗りすぎて「なんで今まで使ってこなかったんだろう」と思っちゃうほど良かったんです。

 

今回は僕が購入したLermom Loseiのワイヤレスイヤホンのご紹介になります。レビュー記事なのでいいところだけでなく残念なポイントも書きますよ!

 

 

筋トレに最適なワイヤレスイヤホンLermom Losei。値段も安いのでおすすめ!

f:id:kevinsakai:20180109180030j:plain

こちらがLermom LoseiのワイヤレスBluetoothイヤホン。色は黒、白、赤、銀から選べ、僕は赤を選択しました。実物は写真で見るより発色が抑えめで、高級感があります。

 

 

Amazonで3000円強で買えるほど安いのですが、値段にしては作りがかなりしっかりしています。安っぽさが一切ありません。なお、楽天だと割高なのでAmazonの購入がおすすめです。

 

イヤホンの同梱物

f:id:kevinsakai:20180109181130j:plain同梱物は、

  • イヤホン本体
  • 充電箱
  • 耳かけ×2
  • イヤーピース(サイズ4つ)
  • USBケーブル
  • セットアップアニュアル

 

製品を買えば必要なものが全部ついてくるので、即座に使うことが可能です。

 

使い方も超簡単!

f:id:kevinsakai:20180109181933j:plain
イヤホンを使用する際の流れはとてもシンプル。

 

「筋トレで使用」→「帰宅後、充電箱に入れる」→「充電するまで待つ」→「取り出して筋トレで使用」。これを繰り返すだけです。

利便性は気になるところかと思いますが、帰宅したら充電箱にセットするだけなので煩わしさは感じません。

 

なお、完全に充電したあとの駆動時間は約2~3時間。少々短い気もしますが、筋トレを2時間以上行う方はあまりいないと思うので、多くにとっては問題ないでしょう。

僕は筋トレを毎回1時間で終わらせているのですが、現状バッテリーに関しては不満はありませんね!

 

それでは、次に実際使ってみて感じたイヤホンの長所・短所です。

 

イヤホンのいいところ

コストパフォーマンス高!安いのに多機能

f:id:kevinsakai:20180109201209j:plainご覧の通り、3000円強で買えるワイヤレスイヤホンにしてはかなりの高級感があります。 それだけでなく、機能も充実。

  • Bluetooth4.1対応
  • マイク搭載(通話可能)
  • スマホ2台接続可能
  • 残量表示

 

f:id:kevinsakai:20180109201700j:plain引用:Amazon商品紹介ページ

 

マイクが搭載されている点は便利ですね!筋トレ中の音楽鑑賞だけでなく、幅広いシーンで使えそうです。

 

充電が手軽

充電箱にイヤホンを戻すだけで充電が始まるので、充電がかなり楽。

イヤホン内部にマグネットが入っており、充電箱に設置したときに「カチッ」という音が鳴ります。こういう細かいところも商品の使いやすさに影響するんですよね~。

 

丈夫。落としてもOK

僕は雑なのでトレーニング中に既に5,6回ほど落としてしまったんですが、問題なく機能します。塗装が剥がれたりもしていません。

 

ワイヤレスイヤホンの中ではかなり安い製品なので頑丈さは気になるところかと思いますが、心配する必要はないかと思います。丈夫なので安心して使用できますね!

 

イヤホンの残念なところ

これまでいいところ尽くしのイヤホンですが、「ちょっと惜しいな」という部分についても述べましょう。

 

音質が並み程度

僕はギタリストなので少し辛口になりますが、音質は「並み程度」という評価です。

高級イヤホンと比べれば、低温が弱いんですよね・・・。ただ、値段を考慮すればかなり頑張っている製品です。

 

▲音質を追求するのであれば、AppleのAirPodsが最善の選択でしょう。ただ、値段がかなり上がるのでそこはお財布との相談ですね。

 

耳かけを一度外さないと充電できない

付属の耳かけはゴム製でイヤホンに簡単につけることができるのですが、耳かけを付けた状態でイヤホンを充電箱に設置しても充電されません。

よって、充電時にいちいち耳かけを取り外す必要があります。これが地味に面倒くさい・・・。

 

ただ、僕みたいにジョギング・ランニングなど激しい運動を行わない人は耳かけ自体が必要ないので、そういう人にとっては関係ないでしょう。

サイズの合ったイヤピースであればベンチプレス、スクワット、デッドリフトなど普通の筋トレ中にイヤホンが外れることはありません。

 

Lermom Loseiワイヤレスイヤホンの評判

f:id:kevinsakai:20180110140052j:plain

ご覧のように、Amazonで5つ星のうち4.6で評価が高いです。

 

このイヤホンを使っている人たちの評判も見ていきましょう。

 

Bluetoothイヤホンは高いイメージですが、買いやすいお値段でレビューも良かったので、購入しました。

-ぽちゃぽーちゃさん(Amazonレビュー)

 

ワイヤレスイヤホンだから、有線みたいにコードが絡まることもないしスッキリと使えます。イヤホンはコンパクトで、長時間の使用でも耳が痛くならずに使えてるので満足です。

-takagiさん(Amazonレビュー)

 

今まで使っていた有線のイヤホンは絡まったり、机などの角にひっかかったりと
邪魔で仕方がありませんでした。
ワイヤレスのイヤホンを買って、そのわずらわしさがなくなりました。
しかも付けた時の不快感もないし、痛くもならない。
充電器にはマグネットが付いているのでなくなる心配もありません。
大満足です!

- 秋本和也さん(Amazonレビュー)

 

  • ワイヤレスイヤホンの中では安い
  • コードが無いのでストレスフリー
  • 長時間つけても耳が痛くならない
  • サイズがコンパクト
  • 音質は特別良くはない
  • 耳かけを外さないと充電できない

 

Lermom Loseiのワイヤレスイヤホンの評判で多かったのは、このあたりですね。 

音質は課題であると思いますが、よっぽどのこだわりがない限りは満足できますよ。

 

Lermom Loseiのワイヤレスイヤホンは安いので気軽に試してみよう

「コードが邪魔」、「筋トレにもっと集中したい」って方こそ、ワイヤレスイヤホンはオススメです。

 

僕も今回初めて買いましたが、予想以上に筋トレに集中でき、やはり有線ってだけでストレスが溜まっていたんだなと感じましたね。

BCAAプレワークアウトも筋トレに集中する上で役に立ちますが、ワイヤレスイヤホンを使えばより集中できることは間違いありません。

 

値段も安いので、ぜひ気軽に購入してみてくださいね!

 

 

▼なお、音質にこだわりたい人は最初からAppleのAirPodsを買うことをおすすめします。