私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

ギリ島への行き方をバリ島・ロンボク島経由の2パターン解説する

こんにちは、筋トレ バックパッカーのケビン(@kven_son)です。

 

2017年6月に、初めてインドネシアのギリ島に行ってきました。

美しすぎるビーチを眺めながら、美味しいフルーツ・シェイクやビールをひたすら飲んでたなぁ。バリ島からもアクセスしやすいのに、多くの日本人が存在すら知らないという・・・ほんと勿体ない。

 

今回は、そんな美しいギリ島への行き方を2通り解説(バリ島経由&ロンボク島経由)します。

 

目次

 

ギリ島への行き方

f:id:kevinsakai:20170623092727j:plain

「ギリ島」という言葉でまとめちゃってますが、ギリ島は3つの島の総称です。

ギリ・トラワンガン(Gili Trawangan),ギリ・メノ( Gili Meno), ギリ・アイル(Gili Air)の三つの島から成ります。

そして、全ての島に空港はありませんので、バリ島またはロンボク島からフェリーや高速船で向かうことになります。

 

バリ島を経由してギリ島に向かう方法

①バリ島に行く

まずはバリ島へ向かうチケットを購入しましょう。

スカイスキャナー を使えば、希望の日程で最も安いチケットが一瞬で見つかります。僕はバックパッカーで航空券をしょっちゅう買ってるので「安く」かつ「簡単に」航空券を買えるスカイスキャナーを毎回利用してますね。

 

>>スカイスキャナーを使って航空券を検索する 

 

②高速船に乗る 

Padang Bai、またはAmedから高速船で向かう方法が一般的です。フェリーで行くこともできますが、あれは現地人向けで遅すぎるのでこの記事では省きます。(高速船と比較しても日本人にとっては大きな価格差はなかったと思います)。

 

以下のサイトから高速船のチケットが購入できますが、現地で購入した方が安かったという声もあります。心配な方はサイトからご購入ください。

Fast boat from Bali to Gili: Book your Bali fast boat to Gili Islands - Gilibookings.com

 

ちなみに、Padang Baiからギリ島へは約1時間30分、Amedからは約1時間15分かかります。

 

バリ島の中心地から近いのはPadang Baiですが、「Amedが静かですごく良かった」と仲良くなったバックパッカーに薦められたので、余裕のある方はAmedを観光して、そこからギリ島に向かうのもアリなんじゃないでしょうか。

 

ロンボク島を経由してギリ島に向かい方法

基本は上記と一緒です。

 

①ロンボク島に行く

スカイスキャナー などを使って、ロンボク島に行きましょう。

日本から出国する場合は、バリ島を経由してロンボク島に入るのが一般的です。

 

>>スカイスキャナーを使って航空券を検索する 

 

②高速船、または公共ボートに乗る

ロンボク島のBangsal Ferry Terminalから高速船、または公共ボート(Public Boat)に乗ってギリ島に向かいましょう。

 

それぞれのメモと注意点を以下にまとめてます。

 

【高速船を使う場合】

  • 価格:およそ80,000ルピア。公共ボートの何倍もしますが、早くて快適です。

 

【公共ボートを使う場合】

  • 価格:ギリ・トラワンガンまで15,000ルピア、ギリ・メノまで13,000ルピア、ギリ・アイルまで10,000ルピア
  • 所要時間:一番遠いギリ・トラワンガンまではおよそ40分なので、かなり遅いです。
  • 乗客が満員になるまで出発しません。
  • 17時までには最後のボートが出発してしまうので、早めに着くようにしましょう。

 

チケットはいずれもフェリーポートで購入できます。

 

まとめ

f:id:kevinsakai:20170623093357j:plain

以上、ギリ島への行き方をバリ島・ロンボク島経由の2パターンご紹介しました。

 

ギリ島には空港が無いため、どうしてもボートやバスの利用が発生し行きにくいのですが、労力をかけてでも行く価値は十分あります。

あの青い海をもう一度眺めるために、僕はまたギリ島に行くんだろうな、、、と思います。

 

ちなみに、僕が宿泊したギリ・トラワンガンのバックパッカー宿はHappy Cocoon Homestay

エアコン・セキュリティロッカー完備で、さらに室内が超綺麗でした。おすすめ。

 

家族やカップルで行くならマンタ ダイブ ギリ トラワンガン リゾート。自転車で島を探索してるときに通りかかったんですが、雰囲気が素敵すぎました。プール・朝食もついています。

 

 

■関連記事:

www.kevin-son.com