【スクート】成田→台湾・台北に帰国便なしで入国してきた

f:id:kevinsakai:20180322210712j:plain

「スクートで台湾行きの航空券予約したけど、入国するのに帰国便のチケットも必要なのかな?」

 

このような疑問をお持ちでないでしょうか?

 

殆どの方が帰国便のチケットを買った状態で台湾に入国するかと思いますが、バックパッカーや留学者など『帰国便のチケットなしで入国できないか?」と悩んでる人も多いと思います。

 

「スクートでは帰国便チケットが無いと出国拒否される」と書いてるブログがあります。

 

が!

 

ぼくは2018年3月にScoot(スクート)に乗って成田から台湾・台北に飛んだのですが、帰国便のチケットがなくても搭乗できました。
さらに、現地の入国審査で帰国チケットの提示を求められることもありませんでした。

 

詳細について書いていきます。

 

 

 

台湾は帰国便の航空券がなくても入国可能!ただし、書面のサインが必要

f:id:kevinsakai:20180322210814j:plain

帰国便の航空券がなくても出国できますが、書面に目を通し、サインをする必要があります。

 

内容はちゃんと目を通してませんが、

「帰国便のチケットが理由で入国拒否された場合、文句いいません」的な内容だったと思います。(テキトーです)

 

これはスクートの係員が言っていたのですが、日本人であれば入国審査時に帰国便のチケットの確認がされることは基本的にありません。(日本人は信用があるから、ってことでしょうね)

よって、帰国便のチケットがなくても書面にサインをするだけで搭乗できちゃいます。

 

スポンサードリンク

入国審査で帰国便チケットを求められたら?その場で買えばOK

万が一、入国審査で帰国便の航空券の提示を求められた場合、その場で買えば何ら問題ありません。

どこの空港にもフリーWifiはあるので、スマホとクレジットカードがあれば問題ないでしょう。

 

ピーチ、ジェットスター、タイガーエア、バニラエアは帰国便の航空券必要なの?

スクートの場合、書面にサインすれば搭乗できましたが、その他の航空会社はどうなのでしょうか?

 

ピーチに関しては、2017年の1月に搭乗しましたが、帰りの航空券を求められませんでした。

ジェットスター、タイガーエア、バニラエアに乗って台湾に行ったことがないので何ともいえないのですが、そもそも、帰国便のチケットを買わないって人はしばらく台湾に滞在する人ですよね。

航空会社のカウンターや入国審査で搭乗・入国拒否されそうになったら、その場で購入すればOKです。出発はまだ先なので、航空券はそんなに高くないはずですよね。
(クレジットカードとスマホを持ってる前提ですが)

 

スポンサードリンク

台湾は帰国便の航空券は必要じゃない。なくても搭乗・入国が可能

f:id:kevinsakai:20180322211108j:plain

以上、「スクートで台湾に入国する場合、帰国便のチケットは必要ない」という記事でした。

 

ただし!

 

「必要ない」といっても、台湾のビザのルール上、『帰国便のチケットは必要』なのです。

 

「は?」って感じかと思いますが、「ルール上必要だが、日本人に対していちいち確認していない」ってことです。

 

https://www.roc-taiwan.org/jp_ja/post/446.html

 

詳細は上記のページを確認いただきたいのですが、『2、必要条件と書類』の箇所に

(2)台湾から帰国するための予約済み航空(乗船)券、或いは次の目的地への航空(乗船)券及びその有効査証を提示すること。

と記載されています。

 

どういうことかというと、「日本人は原則ビザなしでも90日間台湾に滞在できるけど、帰国便のチケットはルール上は必要だよ」ってことです。

 

とはいっても、入国審査で求められることは基本的にないし(あったとしてもその場で買えばOK)、スクートの場合は書面にサインすれば帰国便のチケットなしでも搭乗できますよ、ってことがこの記事で伝えたかったことです。

 

参考になれば幸いです。

 

ではでは!

 

※本情報は2018年3月に筆者がスクートに搭乗した際の体験をもとに執筆した記事です。入国審査に関わる情報は日々変わる可能性があることをご了承ください

 

 

関連記事

クアラルンプールのカフェでノマドしてきた!スタバと比較

バンコクからチェンマイまで寝台列車で行ってきた!2等の上段・エアコン無し

月5万あればタイ、ベトナム、マレーシアで暮らせるって知ってる?【暮らし・移住】

香港・スタンレーで癒されよう!魅力と行き方をご紹介

シンガポールのカフェはNovenaスタバが最強におすすめ。勉強、作業、ミーティン...

【宿泊記】函館『旅館 一乃松』は温泉と料理が最高だった【湯の川温泉・口コミ】