私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

世界一周筋トレ野郎 ケビンのプロフィール

f:id:kevinsakai:20170722191329j:plain

やあ、筋トレと旅行が大好きなケビンです。

僕のプロフィール・ページへようこそ。

 

ここでは筋トレがキッカケで人生が好転した僕のプロフィールを満足いくまで語っていきます。

 

  • ケビンのことが気になってる
  • ケビンが好き
  • ケビンと付き合いたい、あるいは結婚したい

 

って人はぜひぜひ読み進めてください。

 

目次

 

ケビンって誰?「世界一周筋トレ」って何?

f:id:kevinsakai:20170722193405j:plain

▲ベトナム北部・ニンビンで人目をはばからず果敢に肩のトレーニングをキメる僕。

 

世界一周しながら筋トレしてる27歳です。大阪生まれ、カリフォルニア育ちのバイリンガル。

新卒から4年勤めたゲーム会社を退職して、ブログと路上ギターで収入を得ながら2017年1月末から世界中を旅しています。

 

慶應義塾大学を卒業し、それなりに名の通った企業に入社したのに今はほぼニート野郎で甲斐性なし!母親が本気で心配している漢、それがケビンです!!(ドドーン)

 

筋トレとは無縁なアメリカ時代について語ろう

f:id:kevinsakai:20171007050223j:plain

まずは僕のバックグラウンドについてお話させてください。

 

僕は日本で生まれましたが、幼少期から高校卒業までアメリカのカリフォルニアで育ちました。

 

アメリカ育ちなので、大体の人は「イケイケ」「パーリーピーポー」みたいな感じを想像される方が多いんですが、僕は割と大人しい性格で、どちらかというと控えめな方です。というか、アメリカ人もみんながみんなイケイケで社交的なわけではないんですよね、当たり前ですが。

 

そういう日本人的な面を持ちながらも、アメリカの現地校で教育を受けてきたので、やはり「アメリカっぽさ」も残っています。

  • 自由でマイペース
  • 縛られることが嫌い
  • よく食べ、肉が好き(大好物はタコスとピザ)
  • よく笑う

などなど。

自分としては、「60%日本人、40%アメリカ人」な性格をしてると思っています。

 

ちなみに、日本に帰国してまず初めに驚いたのが「食事量の少なさ」でした。笑

外食でのご飯の量がとても少ない・・・。大袈裟でなく、アメリカ人は日本人の2倍以上は食べてますね。

 

さて、そんなアメリカで育った僕ですが、筋トレ大国のアメリカでは実は殆ど筋トレをしてきませんでした。

 

アメリカでは早い人で中学生くらいから筋トレに目覚めるんですが、僕は全く興味がわかず、ニンテンドー64のゲームを遊んだり、カートゥーン(アメリカのアニメ)ばかり見てました。

 

ただ、腹筋や腕立て伏せなどの簡単な筋トレはちょくちょく行っていました、、、が。

 

成果が見られなかったので中々続かず・・・。

『たまに思い付きではじめ、すぐに辞める。』というのを幾度となく繰り返してきました。

 

クソつまんなかった会社員時代に舞い降りた天使

アメリカ時代の話はこれくらいにしておいて、話を大学時代まで先送りしましょう。

 

僕は大学入学を機に日本に帰国したんですが、当時はまぁ最高に楽しかったですよね。

(ほぼ)初めて日本に住んで、毎日楽器弾いて、サークル行って、飲み会して、友達と鍋や唐揚げパーティ(略してカラパ)して。

 

それが、会社員になると一転、びっくりするくらい人生がつまんなくなりました。

 

f:id:kevinsakai:20170918172031j:plain

僕はゲーム会社に入社したので、「夢がありそう」だとか「楽しそう」ってイメージを持たれる方が多いと思います。

 

僕も就職するからには、「好きなモノに携わりたい」という想いで入社し、ワクワクする社会人生活を心待ちにしていたのですが、現実は甘くありませんでした。

 

  • 意味のない会議及び資料作成
  • しょうもない稟議
  • 「残業が当たり前」という風潮
  • 先輩や上司がまだ仕事してると帰りにくい謎のプレッシャー
  • 「金曜日に有給取ると印象悪いよ?」と言う上司
  • 同僚・上司のグチや悪口を肴に飲む酒

 

本当に、ただただ苦痛でした。

アメリカで自由気ままに育ったってのもあると思いますが、僕は根本的に日本の企業風土に向いてないんだと痛感しました。

 

関連記事:【日本社会】自分の意見を主張したら会社の先輩に胸倉掴まれたでござる。

 

かといって、特に他にやりたい仕事もなければ、突出したスキルもなかったのも事実。転職するにも出来ない、という状況でした。

 

3年くらい、悶々とした気持ちで会社と家の往復を繰り返してると、突如天使が舞い降りました。

 

筋トレのキッカケはゾッコンラブ(死語)

f:id:kevinsakai:20171004013041j:plain

天使は友人の紹介で知り合いました。

 

友人:「今かわいい娘と飲んでるんだけど来る?」

 

ぼく:「行きますとも(即答)」

 

そうやって天使と対面した僕ですが、出会ってすぐに思いましたね・・・。

 

 

 

 

「好きです。」

 

、と。

 

ただ、その子は外見のレベルはさることながら、お嬢様学校出身のスペック高い系女子でした。よって、僕みたいなゲーム会社勤務キモオタ野郎が付き合おうだなんて「何夢みてんだ」って話で、到底不可能のように思えました。

 

当時は自分に自信も無いダメ男だったのです。

 

「出来ることなら付き合いたい。でも今の自分じゃ無理、どうしよう?」

って思ったときに、ふと降りてきたのが「筋トレ」だったのです。

 

筋トレしたら理想の彼女GET!なお1ヵ月でフラれる模様

f:id:kevinsakai:20171004170526j:plain

「筋トレしたらイイ身体になって彼女にできるんじゃね?」

と、偏差値3みたいな考えのもと開始した筋トレですが、これがメチャクチャ面白かった。

 

当時住んでた中野の家から徒歩5分に位置していたanytime fitness(全国に展開してる24時間営業のジム)に通うことになったんですが、2週間で結果が出たんです。

 

そのときの筋トレは、自重とマシン中心の、今思えば大分テキトーな筋トレだったんですが、ふと仕事中に力こぶをつくってみたんですよ。(仕事中になにやってるんだ)

 

そしたら、

 

ムックゥ・・・・!

 

ってパワーあふれる力こぶができたんです!

 

筋トレ始める前は「ぴっすぅい・・・」って腕力に欠ける感じの腕だったんですが、たった2週間で驚くべき成果が出ました。

 

 

「ううおおええぇ、ワイ筋肉あるやん!ウッホウホ!」

とゴリラみたいに喜んだのを覚えてます。

 

このように、「筋トレSUGEEE」ってなってから週2回⇒3回に増やしました。

 

天使とのデートも同時進行で行っており、中々忙しい生活を送っていたのですが、4回目のデートの横浜みなとみらいでなんと告白に成功。

 

f:id:kevinsakai:20170918172734j:plain

筋トレが直接の成功要因ではないにしても、筋肉が多少ついたおかげで自分に自信が持てるようになりましたし、何より会話の鉄板ネタとして話すことができたので、『告白成功に大いに寄与した』と言っても過言ではありません

 

筋トレしてて本当によかった。 

 

女は裏切るけどダンベルは裏切らない。筋トレを中心に生きる日々

f:id:kevinsakai:20171004013521j:plain

そんなこんなでゾッコンラブに陥った天使と付き合うことに成功したわけですが、悲しいことに1ヵ月でフラれてしまいます。なんでや・・・。

 

フラれてからは気分はどん底。

1ヵ月も「どないなっておまんねん・・・」と意気消沈しましたし、ご飯も美味しいものしか喉を通りませんでした。

 

しかし、フラれてもジムには相変わらず通う僕。

そして気づいたら、彼女のことは完璧に忘れていて、「いかに筋肉をつけるか」しか考えていなかったんです。

 

筋トレしてると気持ちがポジティブになり、彼女のことを忘れることができたんです。

 

筋肉をつけるべく、YoutubeやTARZAN(フィットネス系の雑誌)で毎日新しい情報を仕入れ、退社後にジムで実践する日々。

このとき、僕は週5,6回ジムに通うようになってました。

 

ジムに通うことで、

  • 彼女を忘れられないウジ男 ⇒ 女は裏切る、次いこ。てかもっといい女落とせるわ(謎の自信)
  • 毎日残業2~3時間 ⇒ 筋トレしたいから仕事効率化したり、断ったりして基本残業なし。(あっても1時間以内)

こんな感じで、考え方やライフスタイルが一変しました。

彼女にフラれてはしまいますが、継続的な筋トレは裏切らず、僕に良い変化をもたらしたのです。

 

 

著書『筋トレが最強のソリューションである』で有名なTestestrone氏も上記のように言っています。 激しく同意。

 

人生楽しい!よっしゃ会社辞めたるか!筋肉あるしなんとかなるやろ!

f:id:kevinsakai:20171004170129j:plain

生活が筋トレ中心になってから、毎日が楽しく、かつ充実するようになったことに気が付きます。「仕事オンリー」の生活から、「仕事と大好きな筋トレの生活」に変化したんです。

 

僕は『筋トレノート』をつけており、自分の成長を視覚的に把握できるようにしています。

 

関連記事:【筋トレ初心者必見】僕が筋トレノートを取り続ける3つの理由

 

ノートを見返すと自分の成長を実感することができ、そのたびに幸福を感じることができています。本当に、筋トレほど自分の成長を感じ取れるものはありません。

 

 

人生が楽しくなった他にも、

  • ジムに行きたいので残業が減った
  • 自信がついた
  • 健康的になった(よく食べ、しっかり寝る)

と、計り知れないメリットを享受しています。

 

■関連記事:無趣味の人は筋トレを趣味にして楽しい人生を送ろう。社会人は残業も減るよ。 - 私はゴリラになりたい

 

筋トレにより謎の全能感を得た僕は、会社を辞め、元々やってみたかった世界一周旅行に出ることを決意しました。

 

会社員から世界一周筋トレ野郎に転身。このブログを通して伝えたいこと。

世界一周に出ることに決めたんですが、上述の通り、筋トレにドハマリしていました。 

せっかく筋肉がついてきたので、旅行中だからと言って投げ出したくない。

 

じゃあ、筋トレと旅を両立しちゃえばいいじゃないか・・・!(天才)

、というふうにして僕の旅は始まりました。

 

そしてこの記事を書いてる現在、約8か月で19か国で筋トレしてきました。

 

f:id:kevinsakai:20171004021327j:plain

▲記念すべき一か国目の台湾・淡水の遊具場で筋トレ。子供とその親の白い目に耐えることで精神力も鍛えられました。

 

f:id:kevinsakai:20171004021719j:plain

▲中国・広州の公園。青空カラオケしてるオバチャンの横で腕立て伏せ。

 

f:id:kevinsakai:20171004021909j:plain

▲ベトナム・ニンビンにて川を眺めながらトライセップス・エクステンション。

 

f:id:kevinsakai:20171004022119j:plain

タイ・バンコクの野外ジムで地元マッチョに囲まれ汗だくになりながら筋トレ。(写真は僕じゃありません)。

 

f:id:kevinsakai:20171004024617j:plain

▲マレーシア・マラッカではハードコアなジムでゴリラ級のマッチョにインタビュー

 

f:id:kevinsakai:20171004025522j:plain

▲シンガポールにて、通報されてもおかしくないような種目の筋トレ。一応背中鍛えてます。

 

f:id:kevinsakai:20171004032653j:plain

▲インドネシア・ギリ島の美しすぎるビーチで腕立て伏せ。

 

f:id:kevinsakai:20171004033635j:plain

▲キルギスの大自然の中で腕立て伏せ。

 

f:id:kevinsakai:20171004040015j:plain

▲中国、東南アジア、中央アジア、ドイツ、オランダ、ベルギーを経てようやくパリに辿り着きご満悦の僕。

 

f:id:kevinsakai:20171007043524j:plain

▲スイスの美味しい空気を吸いながら脚のトレーニング。

 

こんな感じで世界中で筋トレしてるわけですが、ブログを通して最も伝えたいのは「筋トレの楽しさ、すばらしさ」です。

 

僕は筋トレして理想の彼女ができたし(1か月でフラれたけど)、会社を辞めてまで夢を追い求める勇気と自信も手に入れることができました。

 

筋トレは素晴らしい。

そう断言できるのです。

 

 

でも、周知のとおり、日本では筋トレ(というかフィットネス全般)がまだまだ浸透していません。

 

筋トレすれば人生楽しくなるし、自信がつくし、健康に意識がいくようになるし、みんな知らないだけで数えきれないメリットがあるんです。

 

だから、僕のブログを通して、筋トレの素晴らしさを知ってほしいし、始めるキッカケを与えたい。それができたらとてもとても、嬉しいです。

そういう想いでブログを開設しました。

 

加えて、せっかく世界中で筋トレしてるので、海外のおすすめジムや現地のおすすめ筋肉飯を紹介していく記事も上げています。これらは「読み物としての面白さ」や「海外で筋トレしたい人にとって参考になるコンテンツ」をお届けできるように意識しています。

筋トレ歴もそれなりに長くなってきたので、ノウハウ的な記事もあげてますよ!

 

ケビンの代表作3選!

最後に、僕が個人的に好きな記事を3つ選定しましたのでご紹介します。

 

最初にご紹介するのは日本生活での苦悩について書いた記事。これを読めば僕がどんな人間か大体わかると思います。

 

www.kevin-son.com

 

 

次にご紹介するのは「高すぎるから」という理由だけで香港のジムでトリプルスプリットしてきた話。一日利用が4400円もしたので、全部位鍛えるのはもちろん、ジム内のカフェでも飲み物を飲みまくりました。計6時間くらい滞在したと思います。(笑) こんな感じで世界中の筋トレ事情を配信しています。

 

※トリプルスプリット:一日に違う部位を3回鍛えること。

 

www.kevin-son.com

 

 

最後にご紹介するのは、旅行中・出張中に役立つ筋トレグッズを紹介した記事。8か月、世界中で筋トレしてる僕だからこそ書ける内容だと自負しています。特にトレーニングチューブは本当にオススメ。

 

www.kevin-son.com

 

 

以上、代表作を3つご紹介させていただきました。 

 

[2017.10.25追記]

TOP3といわず、オススメ記事TOP10を紹介したので、以下のリンクから読んでいただけると嬉しいです!

 

www.kevin-son.com

 

おわりに

・・・6000字近くと、想定より長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

ぜひ当ブログ「私はゴリラになりたい」をよろしくお願いいたします。

読者登録は右のボタンからどうぞ!

ツイッター(@kven_son)もやってますので、ぜひフォローください。

 

お問い合わせ

お問い合わせはツイッターのダイレクトメッセージ、またはコチラのお問い合わせフォームまでお願いいたします。

 

一緒に筋トレライフを楽しみましょう!

 

f:id:kevinsakai:20171004044507j:plain

では!