私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

わずか50元!台北・西門から歩いて行ける最強のジムに行ってきた。

こんにちは、世界各地で筋トレしながら旅してるケビンです。

 

先日、台北の渋谷と呼ばれる「西門」から歩いて行ける最高のジムで筋トレしてきたのでご紹介します。

 

低価格かつアクセス抜群。とてもいいジムでした。

 

  

台北市萬華運動中心(Taipei Wanhua Sports Center)

f:id:kevinsakai:20170306004838j:plain

 

ジムの概要

「運動中心」というのはスポーツセンターの意味。

 

よって、ジム以外にもプール、ボルダリング、ゴルフ、卓球、バドミントなどを楽しむことのできる施設があります。

 

ジム利用の場合の価格は60分で50台湾ドル(2017年3月時点 約185円)。

 

安いのに設備もかなり整っているんですよ。 

主要マシンは以下の通り。

 

フリーウエイト系

  • スミスマシン×3
  • パワーラック
  • ケーブルクロス×2
  • ベンチプレス
  • フラットベンチ
  • インクラインベンチ×3
  • シットアップベンチ×3
  • ダンベル 5~50パウンド(約2kg~23kg)

 

コメント:ダンベルの最高重量が23kgと心もとありませんが、その他は十分すぎるでしょう。なお、プレートの数が少な目なので、人が多い場合はシェアの必要性が出てきそうです。

 

マシン系

  • トライセップエクステンション
  • バイセップカール
  • ショルダープレス×2
  • インクラインプレス
  • チェストプレス×2
  • シーテッドロウ×2
  • バックエクステンション
  • ラットプル×2
  • グルトエクステンション
  • グルトアイソレーター
  • アングルド・レッグプレス
  • レッグカール×2
  • インター/アウター サイ
  • アブドミナル/バックエクステンション
  • ロータリートルソー
  • ディップス/チンアップ アシスト

 

コメント:200円以下のジムとしてはかなりのバリエーションが揃っています。また、人気のある器具は2台あったりするので順番待ち時間も軽減されるでしょう。

 

有酸素系

  • エアロバイク×約20
  • トレッドミル×14
  • クロストレーナー×3

 

コメント:クロストレーナーだけ数が極端に少ないですが、トレッドミルとエアロバイクの数は多め。僕は日曜日の夕方に行きましたが、クロストレーナー以外は使用率50%程度でした。

 

ジムの利用の流れ

f:id:kevinsakai:20170306005844j:plain

まずは入ってすぐのカウンターで1時間利用したい旨を伝え、50台湾ドルを支払います。

 

僕が行った際は英語のできるスタッフに対応してもらいましたが、英語ダメそうなスタッフの場合は指差しや紙とペンを使えば伝わるでしょう。

 

f:id:kevinsakai:20170306010117j:plain

支払いが済んだらQRコード付きの紙切れをもらいます。

一見レシートっぽいですが、こちらをかざすことでジムエリアに入れるので捨てないように注意しましょう。

 

 

イッケネ!ジムに来たはいいけど靴もウェアも忘れちまった!って人もご安心ください。

受付の向かいにウェアショップがあるので忘れた場合はここで購入できます。

f:id:kevinsakai:20170306010440j:plain

 

それでは、ジムエリアに向かいましょう。

 

f:id:kevinsakai:20170306010652j:plain

ジムエリアは3階にありますのでエレベーターで上がります。

 

f:id:kevinsakai:20170306010820j:plain

エレベーターを出ると到着です。

 

入退室には受付でもらったQRコード付きの紙切れが必要になります。

ちなみに、最初の入室から75分間がタイムリミットです。(料金は60分間分ですが15分オマケでつくようです)。75分以上筋トレしたいって方は受付で2時間分の料金(100台湾ドル)を支払っておきましょう。

 

なお、写真には写っていませんが、右手側にトイレと給水機があります。

こちらのジムでは更衣室はありませんので着替えの際はトイレですることになります。(台湾のほとんどのジムは更衣室がありません)。

 

給水機でBCAAやプレワークアウトを溶かし、筋トレに挑みましょう!

 

実際に利用してみた感想

今回、僕は50分間脚トレを行いました。参考までに行った種目は以下の通り。

 

  • スクワット(フリーウエイト)
  • ランジ(スミスマシン)
  • レッグエクステンション

 

行った種目は決して多くありませんが、いくつか感じたことを書きます。

 

このジムのよかったところ

①設備がめちゃくちゃ整っている。そして綺麗。

冒頭にリストアップした通りですが、あらゆる部位を鍛えられるマシンが揃っているので、大体の方にとっては満足できる筋トレができます。

 

そして、こういう公共施設は大体マシンに年季が入っていたりするのですが、こちらのジムのマシンはケアがちゃんとされているのか、とても綺麗でした。

 

②安い!

50台湾ドル、200円以下で利用できるので激安。

 

③アクセスが良い!

このジムのある「西門」は台北のほぼ中心に位置しているため、多くの旅行者にとってアクセスはとても良い。

 

④広い。

とても広々としているジムです。

マシンもギチギチに詰められてるわけではないので、とても快適にトレーニングできました。

 

 

色々書きましたが、「安くて設備が最強に整っている」ってことに尽きると思います。

 

このジムの悪かったところ

正直デメリットと言えるような点も無いのですが、あえて挙げるとすればプレートの数量が少ないところでしょうか。

 

プレートの数が不足気味なので、混みあっている場合は、プレートの貸し借りが発生しそうな印象を受けました。

 

「フリーウェイトしないぜ」って方や、平日の昼間など混まない時間に行く方にとっては全く問題ないでしょう。

 

まとめ

アクセスよし、価格よし、設備よしの最強の公共ジムです。

台北滞在の際はとりあえずココに行っとけばOKでしょう。(ただし混みあう時間は避けたほうがベター)。

ジム名:台北市萬華運動中心(Taipei Wanhua Sports Center)

価格:ジム利用 75分/50台湾ドル

営業時間:毎日 6:00-22:00

 

おまけ

筋トレ後はしっかりと食べ、回復に努めましょう。

 

f:id:kevinsakai:20170306013502j:plain

僕はジムから徒歩2分の「程味珍意麺」ってお店で食べました。

 

f:id:kevinsakai:20170306013511j:plain

魚のつみれスープ、肉そぼろ+卵入りの乾麺、野菜。

これで120台湾ドル(約440円)なのでお得感はかなりあります。つみれがプリップリで美味しかった。

 

f:id:kevinsakai:20170306013720j:plain

たんぱく質が不足気味だったのでティースタンドで牛乳飲料を買いました。(35台湾ドル、約130円)

 

台湾はそこら中に美味しくて安いティースタンドがありますので是非お試しください。

 

関連記事: 

www.kevin-son.com