私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

【筋トレノート公開】背中と腕

こんにちは、筋肉バカアメリカ野郎のケビンです。

 

今回は僕の本日行ったトレーニングのノートを公開します!

 

f:id:kevinsakai:20161230204900j:plain

 

どん!(ドヤ。)

 

最近、ジムの滞在期間がやたらと延びてきていたので(大体1時間半以上)、効率化を図るため、今回は筋トレのセット間の休憩時間は短めを意識しました。大体1分~1分半くらい。

 

結果、7種目行い、トレーニング時間を1時間10分に抑えれた。20分以上の短縮に成功!これくらいの時間だったら最後まで集中力が持つのでいい感じ。

 

トレーニング時間を短縮するにあたり意識したこと

 

・「うわ~もっと休みてぇ、だり~」とか考えずに時間になったらすぐ取り組むこと

 休憩時間が短いと息があがっている場合もあるけど、「しんどそう」とか考えずにとりあえずやってみることが重要。僕の場合、休憩時間短めでも重量が落ちることはなかった。ただ、体感的にはやはりいつもより辛い。

 

スマホを見ないこと

 1分ってあっという間。スマホSNSとか見てたら、気づいたら設定していた休憩時間を超えてしまうことが多々ある。しかも、そういう場合は不思議なことに休憩した感じがしない。なので、休憩時間はテレビ・スマホなどは見ず筋肉を回復させることに集中するのが一番だと改めて思った。

 

この2点を意識しました。

 

まあ、毎回休憩時間を計るのは何か疲れそうなので、今後は気分が乗らないときとか、どうしても時間がないときとかに限定しようかなと思います。あまりストイックにしても筋トレを楽しめなくなりそうだし。

 

本日の筋トレ

本日は背中と腕のトレーニング。

 

■ベントオーバーロウ

前回は60㎏×10回を1セット、62.5kg×10回を2セットだったけど、今回は62.5kg×10回を3セットできた。自己記録更新したけど、後半は背中というより腕の力を使ってしまっている。次回は同じ重量で、よりフォームを意識。

 

■トップサイド・デッドリフト

前回は120kg×10回を3セット。今回は100kg×10回を3セット。

 

うん。

完璧に甘えたw

このデッドリフトってのは体力をかなり持ってかれるので、前回と同じ重量だと休憩時間1分に抑える自信がなかった。でもその代わり背中に名一杯効かせることを意識したので大丈夫!(自分に激甘)

 

■シーテッドロウ、ラットプルダウン、シュラッグ、バイセップカール

これらは特にコメントなし。

 

■ナローグリップ・ベンチプレス(Bradley Martyn流)

これが滅茶苦茶トライセップスに効く

Bradley Martynは僕が一押しする海外の筋トレYoutuberです。チャンネル登録者数77万人。すごい。

 

普通のナローグリップ・ベンチプレスと違って、種目の開始はスカルクラッシャーのようにバーを弧を描くように口元にもってきて、そのあとバーを胸に移動して持ち上げるって種目。

 

文章だけだとわかりにくいので今度紹介します!めっちゃ効く、これ。

 

余談:筋トレノートを公開しようと思った経緯

以前、筋トレのノートを取るべき理由について書きました。

 

www.kevin-son.com

 

これね。

 

まとめると、

・前回を振り返りことで、今回のトレーニングメニューの構成に役立てることができる

・過去と現在を振り返ると、扱える重量が上がっているはず。モチベーションアップになる。

・ノートを勤勉に取る姿はジムでもモテモテ(になるかもしれない)

 

そんなことを書きました。

 

で、それ以降筋トレノートを公開するつもりはなかったんだけど、他のブロガーさんが筋トレノートを公開しているのを拝見した。

 

www.akionakagawa.com

 

これまでは、こういった形の日記は、読者にとって利益はないんじゃないかと思っていたわけですね。

 

でも実際こうやって、他の人の筋トレノートを見ると、色んな発見があった。

 

「こんな種目やったことないな、調べてみよう」、「この種目は僕と同じくらいの重量だな、取り残されないように頑張ろう」、とか。

 

やっぱり、他の人もストイックに頑張っている姿を見ると自分にとってプラスに働く。

以前も似たようなことを書きましたね。

 

www.kevin-son.com

 

日記でも、何か読者にとってプラスになることはあるんだな、と気づけたんです。

だから今回公開してみた。

 

とは言っても

週5・6回ジムに行っているので、毎回筋トレノートを上げるのはキツイ。笑

 

なんで、これからは何か自分自身大きな発見があった際に公開していけたらと思います。

 

ではでは。