私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

ファッションにお金を浪費するなら筋トレで鍛えて身体作りしろよ【筋肉最強説】

f:id:kevinsakai:20170117213614p:plain

こんにちは、ケビン(@kven_son)です。

 

ファッション。

 

日本人大好きですよね。

 

南カリフォルニアという「オールシーズン Tシャツ+ジーンズが基本」という土地で育った僕にとってはほぼ無縁。

 

ファッションについて書いている著名なブロガーさんも多いですね。

それだけ、日本において需要と価値があるということなんでしょう。

 

 

・・・。

 

 

いや、そもそもその貧弱な身体どうにかしろよ。

とどうしても思ってしまうわけです。

 

今日はその理由についてお話します。

日本で筋トレ人口が増えることに期待して。

自分を良く見せるために服に頼るのはナンセンス

f:id:kevinsakai:20170117225421j:plain

「ファッションが好き」に色んな理由があると思いますが、一番大きな目的として「格好良くなりたい」「かわいくなりたい」というのがあると思います。

 

違うって人はこの記事の対象じゃないので閉じてくださいw

 

で、僕の疑問は「何で皆真っ先に服に飛びつくの?」ってことです。

 

確かに手っ取り早いですよ。

流行の「綺麗目系」とか「ゆるふわ?系」とかの服を着るとそれっぽく見えるし。

 

だけど、服はいつか無くなる。

汚れたら捨てるし、どっかで失くしてしまう可能性だってある。

 

わかりますか?服は消費するもので、僕から言わせれば浪費なんですよ。

 

まずは土台の筋肉をつけるべき。服はその後。

じゃあ「浪費」じゃない自分を良く見せるための手段は?

 

髪型?眉毛?化粧?

 

それらも重要かもしれませんが、違う。

筋肉です。

 

服はいつか無くなるけど、筋肉はエサと刺激を与える限り無くなりません。

しかも、男女問わず何を着てもキまります。筋肉すげえ。

 

加えて、筋肉があると単純な老化の防止になるし、筋肉を維持したり増大させるために食事や睡眠などの栄養管理の徹底も習慣づく。

 

こういったことから、筋肉は紛れなく「自分への投資」なんです。

服も筋肉も「自分を良く見せることができる」という共通点がありますが、筋肉は消費するだけの「服」とは似て非なるものです。

 

ファッションにこだわるのは筋肉をつけてから

 

 

どうですか?

 

カネキンさんなんて殆ど服着てないのに、重ね着ばかりしてるあなたよりカッコイイと思いませんか?

 

女性のmeruさんも筋トレで脚を重点的に鍛えているからこそこのスタイルが実現できていて、より服が際立っていることがわかります。

 

別にファッションが悪いと言っているわけではありません。

 

でも順番が逆じゃない?

まずは土台の身体作りからだろう?

 

これはサプリの考え方とある意味似ています。

 

身体作りの場合、栄養の基本は食事で摂り、足りない分をサプリで補う。

 

ファッションも一緒で、「今の自分」をよりよく見せたい場合、基本は筋トレなりダイエットするなりして、自分自身を磨くことが最優先です。それでも自分に満足できない方は、服にお金をかけたらいいんです。

 

まあそもそもですが、お店のマネキン見てみたら真理がわかりますよね。

 

男マネキンだったら筋肉質だし、女マネキンでもお尻とかに筋肉がついてますよね。

 

そのマネキンが来ている服を、ヒョロガリのあなたが買って着ても、まずは土台の身体作りをしっかりしないことには当然ながら映えません。

 

なに?日本だと細い方がモテる?

 

いつまでこんな狭い国中心で考えちゃってんの?

海外行くと服だけに金かけても100%モテませんよ。

 

僕のいたカリフォルニアだったらむしろ気持ちがられるますね笑。17年住んだ僕がいってるんだから間違いない。

 

その点、欧米系の人はよくわかってると思いますよ。

いくら服で着飾っても、土台の部分がうんこだと何の称賛にも値しません。

それあなたがイケてるんじゃなくて、服がイケてるだけですもん。

 

でも筋トレはしんどいし・・・。

筋トレしない人の多くが、筋トレを「しんどくて辛いもの」だと思っている節があります。

 

でも僕は声を大にして言いたい。

そんなことないです。むしろ最高に楽しいです。好きです。付き合ってください。

 

でも大きな成果はすぐには出ないので、最初はしんどいのは確かです。

 

まずは根気よく続けることでしょう。

 

そうですね、1か月続けれることができれば身体は変わってきますので、そうなったら楽しくなってきて「苦しい」という感情はなくなります。僕がそうでした。

 

こんな達成感を感じることのできる趣味他にないってくらいですよ。

 

もしこの駄文で、少しでも「筋トレアリかも」って思えた人がいるのなら、以下の記事も読んでみてください!筋トレに対するモチベーションがさらに上がることでしょう。

www.kevin-son.com

www.kevin-son.com

www.kevin-son.com

www.kevin-son.com

 

以上、「ファッションにお金を浪費するなら筋トレで鍛えて身体作りしろよ」でした。

どこかのジムでお会いしましょう!