私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

タイのソンクラーン祭に参加した後にジムに行き、現地マッチョ共が必死で筋トレしてるのを見て思ったこと

こんにちは、ケビンです。

 

タイには毎年4月に、「ソンクラーン祭」という大規模な祭りがあります。

世界一周中の僕も参加してみました。

 

祭りの後に筋トレしにジムに行ったら、震える光景を見たんです。

 

まずはソンクラーンについてもう少し詳しく

f:id:kevinsakai:20170414202851j:plain

ソンクラーン (ソンクランとも、สงกรานต์) とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティ(タイの旧暦)の新年である。現在、政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっている。

もともとは、純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集って共同で仏像のお清めを行ったり、年輩の家族のお清めを行う期間であったが、後に単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強い。このため日本では(タイの)水掛け祭りという言い方もする事がある。
なお、同じ趣旨の祭日がミャンマー スリランカ カンボジア やラオスにも存在する。ミャンマーの旧正月に関してはシンジャンを参考のこと。

近年では、ソンクラーンが一年でもっとも暑い時期に行われることなどから、特に若年層を中心に、単なる水掛け祭りに変質している。この「祭り」においては見ず知らずの相手にさえ水を掛け合う。この場合、水を掛けるところは手のみに限定されず、水をかける行為自体「敬意を払う」ため無礼講状態となる(ただし、僧侶には水をかけない)。水の掛け合いには水鉄砲を用いる。他にも、家の前に水の入ったドラム缶を置くあるいは家の前までホースを延長させ、道行く人に水をかけたり、ピックアップトラックの積み荷部分に水の入ったドラム缶を載せ、町中の人に水をかけまわっている例もある。また、水を積んだ対向車同士での派手な掛けあいもよく見られる。

引用:ソンクラーン - Wikipedia

 

ソンクラーン祭に初めて参加してみた

2017年の4月13日に、人生で初めてソンクラーン祭に参加してみました。

 

f:id:kevinsakai:20170414203858j:plain

祭りが一番盛り上がると言われる「カオサンロード」に向かおうと、宿から出た瞬間に現地の子供たちに襲撃に遭いました。当然、こちらも応戦して退治します。

 

この時点で、結構楽しい!

他には売店のオバチャンが、背後から突然バケツ水をバッシャーンとかけてきたり、着く前から戦場。

 

f:id:kevinsakai:20170414205248j:plain

カオサンロードに着いてからは、水かけ地獄でした。

 

ほぼ全員が水鉄砲を装備しているので、一瞬でズブ濡れになります。

 

水がなくなったら、給水(大体5バーツ、約15円。タダのところもあります)してすぐに戦闘が再開できる。

 

中々面白かったですよ。

 

4月のタイは本当に暑いので、濡れることで涼しくいられるのが気持ちいい。

 

f:id:kevinsakai:20170414205729j:plain

▲2階から見たソンクラーン。ここの通りは人口密度が半端ない

 

ソンクラーン祭りに参加した後にジムに行ったら・・・

f:id:kevinsakai:20170414210613j:plain

今日は背中を鍛える日だったので、ちょうど徒歩で行ける野外ジムに行ってみました。

 

ソンクラーンはタイの旧正月だし、ジムやってないかも?やってても人少ないだろうな~って思ってたんですよ。ですが着いてびっくり。

 

f:id:kevinsakai:20170414210548j:plain

f:id:kevinsakai:20170414210635j:plain

f:id:kevinsakai:20170414210645j:plain

f:id:kevinsakai:20170414212618j:plain

祭りって何?って顔で筋トレしてる紳士の巣窟でした。

 

現地マッチョがソンクラーンそっちのけで筋トレしてるのを見て思ったこと

f:id:kevinsakai:20170414211155j:plain

この日のメニューはベントオーバーロウ、ラットプルダウン、ワンハンドローイング、デッドリフト、ダンベルプレス。

 

ソンクラーン祭り直後の参加でサンダルを履いていたのでデッドリフトの重量はかなり軽め。(怪我したくないので・・・。サンダルで筋トレできるのも海外ならではですね)。

 

ソンクラーンはタイの旧正月期間なので祝日です。

実家に帰省するタイ人も多い。日本の正月って感じですね。

 

普通だったら、一年で一番気が緩みますよね。

日本人の多くも正月は食っちゃ寝、食っちゃ寝を繰り返したり、割と怠惰な生活になっちゃいますよね?正月太りって言葉もあるわけですし。

 

でも、そんな時期でも、ジムで歯を食いしばり、自分の理想を追い求める漢(おとこ)達がいたわけです。周りは皆お祭り気分で遊んでるのに。

 

そう思うと、「なんてカッコいい人たちなんだろう」、「自分も頑張ろう」と思えたんです。

 

この時に、成功する人ってこういう人たちなんだろうなって思ったんですね。

 

いかなる場合でも、自分がやるべきことが常に頭に入っていて、言い訳せずにちゃんとやっている。正月だろうがクリスマスだろうが誰かの誕生日だろうが、関係ない。

 

タイのマッチョ共をみて、そう思いました。

 

最後に、僕にとってのソンクラーン

確かに、ソンクラーンは楽しかったです。

国全体を挙げての水かけ祭りですからね、誰が参加してもそれなりに楽しめると思います。

 

だけど、結局楽しいだけなんですよね。

ただの遊びなんですよ、究極的には。

 

誰かがこうやってバカ騒ぎしてる間にも、他の誰かは必死で目標達成に向けて努力している。

 

「たまに遊んだり、休んだりするのもいいけど、やるべきことはちゃんとやろう」と、ソンクラーン期間中に筋トレしている人たちを見て思いました。