私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

こってりラーメンなりたけがパリ駐在員の強い味方すぎた【レビュー・口コミ】

長期旅行をしてると3日に一回くらい日本ラーメンが食べたくなり、ひどくなると日本への緊急帰国も考えるほどだ。

これはバックパッカーだけでなく、日本を離れることになった駐在員も同じだろう。

 

僕の場合、旅に出て7か月でついに「日本のラーメンを食したい」という想いが爆発し、物価の高いパリでラーメンを食べるという暴挙に出てしまった。

そう、駐在員の友人が1週間に一度は行くという「なりたけ」というラーメン屋に行くことになったのだ。

 

なんと、日本のラーメンの倍もするのだが、これが一切後悔することがないくらい美味かった。今回はそんなパリのオペラ座の近くにある「こってりラーメンなりたけ」のレビュー記事を書きたいと思う。

 

目次


毎日行列するというなりたけに到着!

最寄り駅「Pyramides」から5分ほど歩き、到着。

 

f:id:kevinsakai:20171024012725j:plain

僕たちが伺ったのは土曜日の21時だったが、既に混んでる。しかもほとんど地元民っぽいからすげぇ。なるほど・・・期待させるじゃねぇか

 

f:id:kevinsakai:20171024013041j:plain

ちなみに、営業時間は毎日11:30~22:00ラストオーダー。日本みたいに深夜までやっていないので注意したい。

 

並んでる間にメニューを見るでござる

しばらく待ってると、若い日本人の男性スタッフがメニューを渡してくれた。

どれどれ・・・。

 

f:id:kevinsakai:20171024013146j:plain

味は「しょうゆラーメン」と「みそらーめん」のみ。こだわりを感じる。

なお、友人いわく「みそラーメンは地雷」と聞いていたので無難にしょうゆをチョイス。

 

筋トレしてる僕はこれではタンパク質が足りないのでチャーシューを追加。13ユーロ、約1700円となった。日本の倍くらいする。

「麺固め」の注文ができたのも地味に嬉しい。

 

f:id:kevinsakai:20171024013346j:plain

ちなみに、トッピングもバター、味玉、辛ネギ、チャーシューを選べる模様。辛ネギとか絶対うまいやつ。

 

ラーメン屋定番の餃子、チャーシュー丼、ビールも頼めるようだ。なお、ビールの値段に驚きを隠せない。(缶の一番搾りが6.5ユーロ、約900円)

 

既にヨダレが止まらないが焦らずに卓上と店内の様子を伝える

f:id:kevinsakai:20171024013547j:plain

40分ほど並ぶとようやくカウンターに案内された。

 

f:id:kevinsakai:20171024013614j:plain

水は飲み放題なので嬉しい。日本では当たり前だが、ヨーロッパだと水でもお金がかかることが多いのだ。

 

でも、コップが油でベッタベタなのが気になるな・・・まぁ「こってりラーメン」と謳ってるくらいなのである程度は仕方がないのかもしれない。

 

f:id:kevinsakai:20171024013710j:plain

卓上にはティッシュ、つまようじ、胡椒、ラー油、醤油、にんにくとすりおろし器具がセットしてある。にんにくをすりおろせるのが楽しみすぎるんだが?

 

続いては店内の様子。

 

f:id:kevinsakai:20171024013801j:plain

22時に近いのにも関わらず、すごい賑わいを見せている。

 

2人がけのテーブル席が6つ程度、カウンターも6席程度しかないのでとても広いとは言えない。
むしろ中々の狭さである。

 

席を立ち、厨房をのぞいてみる。

 

f:id:kevinsakai:20171024013838j:plain

調理スペースは清潔感が保たれている。客席から丸見えなので当然気を遣うべき点だろう。

 

そして気になるのが、これ。

 

f:id:kevinsakai:20171024013915j:plain

「腐った白子かな?」と一瞬思ったが、しばらくして「背油」だっていうことが分かった。

 

こうみるとすごいな・・・。そして「自慢の油を見よ!」と言わんばかりに窓際に配置してるのもポイント

着丼!7か月ぶりの日本のラーメンのお味は?

f:id:kevinsakai:20171024014236j:plain

まずは友人が頼んだ「きりん一番搾り」が到着。

駐在員にもなると缶ビールに800円以上費やすことが出来るらしい。駐在員すごい

 

少し頂いたが、相変わらず最高にうまかった。

 

「チャーシューメンでお待ちのお客様ー!」

 

まもなくして店員からラーメンが運ばれてきた。

 

f:id:kevinsakai:20171024014336j:plain
美味そうすぎるだろう。

 

f:id:kevinsakai:20171024014406j:plain

いきなりにんにくを一つすりおろしてから、いただきます。


・・・。

 

 


はい、世界旅行に出てナンバーワンに美味しかったものに決定。

旅に出て、それはもう、ここには書ききれないほど美味しいものを食べてきたが、はっきりいって全てを凌駕するほどの味だった。

 

7か月ぶりに食べたっていうのもあるが、日本のラーメンはこんなに美味しかったんだ、と思い出させてくれた。

 

f:id:kevinsakai:20171024014501j:plain

麺は中太麺で、こってりなスープによく絡む。麺の固さも完璧である。

 

f:id:kevinsakai:20171024014529j:plain

チューシューは薄くて柔らかいタイプ。これが5枚もついてるだなんて最高すぎる。

 

f:id:kevinsakai:20171024014624j:plain
そして肝心のスープが、これまた素晴らしかった。

ベースはしょうゆなんだけど、背油の量がすごい。文字通り「こってり」なラーメンだ。

 

背油のおかげで、非常になめらかな口当たりになっていて、それでいて「油っぽすぎてうぇってなる」というのもない。使ってる背油がすごく良質なものだっていうのが分かる。

 

すごい完成度だ。はっきりって、日本のラーメン激戦区にあってもおかしくないくらいである。

 

f:id:kevinsakai:20171024014715j:plain

ものの10分で平らげてしまった。

それだけ美味しかった。ごちそうさまです。


まとめ:なりたけは駐在員だけでなく現地フランス人にも支持される店だった

f:id:kevinsakai:20171024014824j:plain

以上、ラーメンなりたけパリ店のレビューを書かせてもらった。

 

ここのすごいところは、美味しいのはもちろん、「現地に味を一切寄せていない」点だ。

 

日本料理は今や世界中で食べられるが、基本的に現地に味を寄せてるので日本人が食べても美味しいと感じない場合が多い。

僕はアメリカに住んでいたことがあるのだが、向こうでにんじんが乗った寿司を見たことがあるし、そのほかにも現地に寄せすぎた「残念な日本食」が多かった。

 

でも、なりたけは日本の味をそのままパリに持ってきたのだ。

パリに一切寄せておらず、日本の味で勝負してるからこそ、僕たち日本人にとっても美味しいラーメンなのである。

それでいて、客層の8割が現地民ってのもすごい。まさに、現地民と日本人両方が満足できるラーメンを提供していた。

 

f:id:kevinsakai:20171024015313j:plain
最高すぎてまた行ったくらいだ。こちらは辛ネギラーメン。

ネギがシャキシャキで、個人的にチャーシュー麵より美味しかった。

 

なお、これだけ絶賛してると胡散臭いと思うので、残念な点も書いておきたい。

  • ランチ、ディナーの時間はいつ行っても並ぶ
  • しかもフランス人にはラーメン屋暗黙のルール「食ったらさっさと出る」を理解できていない人が多い。食べ終わってるのに会話を長時間楽しんだり・・・。まあこれは文化の違いなのでしょうがない。要は、席につくまで時間かかるよ、ってこと。
  • コップから箸まで、大体のものが油でベタベタする
  • 日本のラーメンと比較すると高い(まあパリ基準だとかなり安いが)
  • ビールが高い(一番搾りにこだわらないで、現地の安いビールもメニューに入れてくれたら嬉しい)

このくらいだろうか。

 

本当に味が最高なのでそれ以外はあまり気にならないのが正直なところ。

ラーメン屋は美味しければ割と何でもOKな風潮あるよね

 

ということで、パリに駐在されてる方やバックパッカーの方は是非行ってみてはいかがだろうか。僕はまた行きたい。

 

【お店の情報】

住所:31 Rue des Petits Champs, 75001 Paris

営業時間:毎日11:30~22:00(※火曜定休日)

 

■関連記事:

www.kevin-son.com