私はゴリラになりたい

旅と筋トレをこよなく愛する僕のブログ

3ヶ月のノルウェーWWOOFが決定!準備したものをまとめるよ【農業体験】

f:id:kevinsakai:20180417124520j:plain

どうもどうも!筋トレ無職ブロガーのケビンです。

普段は筋トレ関連の記事ばかり書いてるのですが、今回は全く別のトピックです。

 

そう、わたくし

6月からノルウェーに!3ヶ月間!!

 

 

f:id:kevinsakai:20180415125852p:plain

この100%うざいオープニングでお気づきかと思いますが、わたくし結構テンション上がっておりまして。

というのも、少し前まで世界一周(みたいなこと)やってたんですが、ノルウェーに行けなかったんですよね。

【写真45枚】世界26か国で筋トレしたので筋トレ風景をまとめてみた

理由は、なんかそのとき元気なくて「はやく帰国したい」みたいなテンションだったので(長期の旅になるとだいたい皆そうなる)スルーしちゃったんですが、帰国して4ヶ月経ったところで「ノルウェーに行きたい欲」が復活したんですね。

 

そういった理由から、満を持してノルウェーに

 

f:id:kevinsakai:20180415125852p:plain

「でも物価バカ高いのに大丈夫なの?無職のくせに??ねえ???」
と言いたい気持ちも分かりますが、なんとWWOOFという制度を使えばマジでお金あまりなくてもノルウェーに滞在できちゃうんです!

 

この記事では、「そもそもWWOOFってなに?」ってところと、ノルウェーWWOOFに向けて準備したことをまとめていきます。

 

 

WWOOFとは?農家のお手伝いをして宿泊・食事を提供してもらえる制度

f:id:kevinsakai:20180417120750j:plain

画像引用:WWOOF Norway

 

直接WWOOFジャパンの公式サイトから引用しますね。

 

【WWOOFとは?】

World Wide Opportunities on Organic Farms「世界に広がる有機農場での機会」の頭文字です。
WWOOFは、有機農場を核とするホストと、そこで手伝いたい・学びたいと思っている人とを繋いでいます。
有機農業とは、無農薬、無化学肥料で作物を栽培する農業で、人間と動物、環境にも考慮した農法です。農薬を使う方法よりかなり手間がかかり、また大型機械を使わない場合も多く、人手が必要です。

 

つまり、農業体験をしたい個人が農家のお手伝いをし、その対価として農家が「宿泊」、「食事」、「体験」を提供するサービスなんです。

 

一日の業務量はファームによって異なりますが、週5日で30時間(1日6時間)というところが多かったです。

なお、ぼくが見つけた一番短いのは毎日2時間を週5日。お宝案件ですね!逆に少なすぎて、何しに行ってるのかわからなくなりそうですが…笑。

 

金銭のやり取りは発生せず、ボランティアと言う形なので海外でも基本的には観光ビザで入国・滞在できます。(国によるので要確認)

 

つまり!
WWOOFを使えば物価の高いノルウェーでもスイスでもどこでも大して費用をかけずに長期間滞在できちゃうわけなんです。

 

ぼくのノルウェーWWOOFの行程と期間

さて、ぼくのノルウェーWWOOFのスケジュールもご参考に書きたいと思います。

2018年6月からスタートし、

  • 2週間:Oslo近辺のファーム
  • 3週間:Oslo近辺のファーム
  • 3週間:Bergen近辺のファーム
  • 3週間:Lofoten近辺のファーム
  • 2週間:ファームなし。観光に費やす予定

 

と言った感じで、南から北まで農業体験する予定です!

どうせノルウェーに行くなら、南も北も見たいという思いです。(その分移動費が余計にかかっちゃいますがせっかくなので!)

 

f:id:kevinsakai:20180415134055j:plain

赤枠:筆者がファームを体験する地域

 

どんな景色が見られるかというと、

 

f:id:kevinsakai:20180417160138j:plain

f:id:kevinsakai:20180417160142j:plain

f:id:kevinsakai:20180417160146j:plain

f:id:kevinsakai:20180417160149j:plain

こんな景色が毎日のように見れるそうです。最高すぎません?これだけでノルウェーでWWOOFする意味がありますよね!

 

ちなみに、海外の方が投稿されたWWOOFの動画があるんですが、これも見たら一発で行きたくなります。超楽しみですね〜!

 

www.youtube.com

 

ノルウェーWWOOFの手順紹介

では、ここからはノルウェーでWWOOFするための手順についてご紹介します!

 

1. WWOOFにメンバー登録(有料)

公式サイト(WWOOF Norway)で会員登録を済ませましょう。

会員にならなくてもファームの情報は閲覧できますが、実はファームの雰囲気がよく分かる「写真」は会員以外には非公開にしているファームも多いので、WWOOFすることが決まったらすぐに登録した方が写真が見れて決めやすいです。

 

なお、会費ですが以下の通りです。

WWOOFer (visitor) Membership price is €25.00 (single) or €30.00 (joint) providing display of your profile on the WWOOFer Listings and access to online Host Listings for one year from date of purchase.

 

つまり、一人でWWOOFする場合は25ユーロ、カップルや友達で参加する場合は二人で30ユーロです。
なお、注意点としては、会員証はノルウェーのWWOOFのみ有効で、例えばスウェーデンのWWOOFをしたいなら別料金でスウェーデンのWWOOF会員になる必要があります。

 

2. プロフィールを登録

登録が終わったらプロフィールを埋めましょう。何も書かないでファームにリクエストを送っても当然受け入れてもらえません。
特にノルウェーなど他のWWOOFER(WWOOFする人のこと)に人気のある地は激戦になる可能性があるので、ここは手を抜かずプロフィールを埋めましょう。

 

良いプロフィールの書き方はこちらのサイト『How to Create a WWOOF Profile That Hosts Can't Refuse!』を参考にすれば大丈夫かと思います。

 

ぼくから付け加えるなら、「受け入れたい!と思わせる文章を簡潔に書くこと」です。人気のあるファームは毎日たくさんの申請がくるため、全てのプロフィールを端から端まで読むことができません。

よって、"簡潔に"プロフィールを書くように心がけた方が絶対に良いです。

 

3. ファームに連絡を取り、日程を確定させる

はい、ここからが大変な作業!

「良いな」と思ったファームを探し、個別にリクエストを送ります。ぼくはこの作業にめちゃくちゃ時間かかっちゃいました…。

 

  1. ファームを一通り見る
  2. 良いと思ったファームを厳選し、連絡する
  3. 返信くれてOKだったら確定させる

 

こんな感じでやったわけですが、結論から言うと、これ段取り悪いです。

というのも、ファームの人たちって意外と頻繁にログインしていないんですよね。つまり、ファームによっては返信をいただけるのにメチャクチャ時間かかる…さらに最悪、返信自体くれません。

 

だったらもう、

  1. ファームのストライクゾーンを広めて片っ端からリクエストを送る!
  2. 返信をくれたファームの中から選ぶ

 

というふうにした方が、より早く決まります。

 

なんか書き方悪いですが、本当に意外と全然返信くれません。ファームの最終ログイン日時も分かるんですが、そもそも長いことログインしていないファームも多いんですよね。(ノルウェーの場合ですが)

 

だったらもう、片っ端から申請送った方が早いです。だって早く確定させたいじゃないですか?次ぼくがWWOOFするならそうしますね!

 

ミニコーナー:よいファームを見分けるコツは?評価を参考にしよう

これは一つだけ、レビュー。つまりは評価です。

 

本当に良いファームは長文のレビューがいくつも付いています。
逆に、駄目なファームは良くないレビューが普通についているので、そういったファームにはそもそもリクエストを送らない方が良いでしょう。ひどいファームだと業務量がえげつないくらい多かったり、腐った食料を提供されたりするらしいです。

 

なお、中にはオープンしたてのファームでレビューが付いていないのもあります。これはギャンブルになりますが、送るのも有りなんじゃないかと思います。特にファームに断られ続け「はやくファーム見つけないとやばい!」みたいな必死の状態だと。


実際にぼくも、1件だけレビューなしのファームに行きます。どうなることやら・・・。

 

4. 航空券を購入

大体の日程が決まったら航空券を取ります。

色んなサービスがありますが、ぼくが最近使っているのがDeNAトラベルです。頻繁にセールやってますし、使いやすいです。

 

試しに成田↔オスロ(ノルウェー)の往復便で検索したら5万円台でありましたね。しかもLCCじゃないので快適そう。(時期が悪かったのか、僕は往復7万円くらい払っちゃいました。それでも安いんですけどね)

  

5. 現地で必要になるものを買い揃える

ファームと航空券を確定させたら、あとは現地で必要になるものの準備ですね!

ノルウェーは夏でも天候が変わりやすいので(特に北)、意外と準備するものが多くなりそうです。以下はぼくのチェックリストなので、ぜひ参考にしてください。

 

  • 折りたたみ傘
  • 作業用ブーツ
  • 作業用手袋
  • 防寒用手袋
  • 防水ジャケット
  • 防水スボン

 

あれ、意外と少ないかな?

でも上記に加え、日常で使うもの(カメラ、普段着など)も持っていくので普通の旅行よりはやはり荷物が多くなりそうです。

 

というわけで2018年6月から3ヶ月限定でノルウェーブロガーになります

以上、「ノルウェーにWWOOFしに行きます!」というところと「準備の手順」を簡単にまとめさせてもらいました。

 

実はこのWWOOFっていうのにずっと興味はあったんですが、中々一歩を踏み出せずにいたんですよね。気づいたら28歳と割とリアルな年齢になってきたので、「今しかない!」という感じで決心つけました。ノルウェーにも行きたかったし。

 

まだ日本のブログでノルウェーのWWOOFについて書いてる人が少ないので、6月から3ヶ月限定でノルウェーブロガーになります!

 

ではでは〜