私はゴリラになりたい

僕が世界中で筋トレしながらマッチョになってゆくブログ

筋肉が喜ぶ福岡・博多のバルク飯TOP5を鼻息荒めにご紹介【グルメ・おすすめ】

こんにちは、筋肉バカアメリカ野郎のケビンです。

 

先日、1週間福岡に旅行してきたのですが、相変わらず飯がうまい!

観光殆どせずに、ジムで筋トレかご飯食べて舌鼓打ってるかくらいしかやってませんからね。

 

あ、でも柳川の川下りはしたな。

www.kevin-son.com

 

それ以外は観光らしい観光はしてないですね。

何回も来ていますが、福岡は食い倒れる街です。これが真理。

 

そんなわけで、今回は「筋肉が喜ぶ福岡・博多のバルク飯TOP5」を鼻息荒めにご紹介します!(※バルク飯:筋肉も脂肪もつけちゃうぜ!って感じで増量中のトレーニーが使う言葉)

 

博多のバルク飯5位:博多ラーメン

f:id:kevinsakai:20170120161657j:plain

福岡のグルメで外せない「博多ラーメン」。

 

ガツンとくる豚骨の味と香りが食欲をそそるのは勿論、手軽に食べられるのが最大の特徴。

 

博多ラーメンの相場は600円台で、非常にお求めやすい値段となっております。東京や大阪などの都市で同じものを食べようとしたら700円超えは普通。

 

しかも、200~400円台で食べられる店も多数あります。

博多県民にとって、ラーメンはおやつ感覚で手頃に食べられる県民食なんですね。

 

ただ、バルク飯にしては脂質だけが多く、タンパク質が少ないので5位という結果に。

チャーシューや卵の追加、食後のプロテインなどで補いましょう。

 

博多のバルク飯4位:博多餃子

f:id:kevinsakai:20170120162640j:plain

博多は餃子も美味い。

 

特徴は一口で食べられる大きさ。小ぶりなサイズなので、女性でも一口で頬張ることができ、口の中で肉汁が爆発するのを楽しめます。英語で言うとMEAT EXPLOSION。

 

お店によっては鍋で提供してくれるので、時間が経ってもアツアツで食べられるのがうれしい。

 

バルク飯としては脂質が多めになりがちですが、炭水化物(餃子の皮)とタンパク質(肉)が多めなので悪くはありません。気になる方は水餃子にして脂質をカットしましょう。

 

ちなみに、写真は「博多 祇園鉄なべ」の焼き餃子。油で揚げてるかのようなカリカリの皮とジュワっと口の中で広がる肉汁のコラボはお見事の一言。テムジンってお店も美味いですよ!

 

博多のバルク飯3位:もつ鍋

f:id:kevinsakai:20170120164103j:plain

キング・オブ・博多グルメのもつ鍋は3位にランクイン。

 

個人的には福岡に来たら必ず食べる大好きなグルメです。

ぷりっぷりのモツがたまりません。

 

モツ、豆腐などからタンパク質や脂質を摂り、締めのチャンポン麺で炭水化物を摂る。完璧なバルク飯です。ただし、タンパク質の量が若干心もとないので食後のプロテインを忘れずに!

 

ちなみに自称もつ鍋マスターの僕が一番オススメするのは「楽天地」のもつ鍋。鍋に盛られる大量のニラには驚かされるし、クセになる醤油スープがたまりません。赤唐辛子を振りかけるとまた美味いんですよねえ。

 

博多のバルク飯2位:いわし明太

f:id:kevinsakai:20170120165033j:plain

福岡には4,5回行ってるのですが、実は先日初めて食べたのがこの「いわし明太」。

 

いわしの腹の部分に明太子をぶち込んだだけという、九州男児チックなかなりワイルド目のメニューですが、味と成分が素晴らしかった。

 

いわしの成分(1匹100g):カロリー約180kcal、タンパク質約20g、脂質約12g、炭水化物約0.5g。

明太子の成分(1本25g):カロリー約30kcal、タンパク質約5g、脂質約0.8g、炭水化物約0.8g。

 

いわし明太一つで大体カロリー210kcal、タンパク質25g、脂質12.8g、炭水化物1.3g摂取できます。

 

かなりバランスがいいですね。やはり魚と卵は素晴らしい・・・。

炭水化物が少な目ですが、米や他の料理から簡単に摂れてどうにでもなるので問題なし。

 

福岡旅行を予定しているトレーニーはいわし明太 必食ですよ。

写真は「博多 祇園鉄なべ」のいわし明太ですが、地元民の友人いわく、郷土料理なので大体どこにでも置いてるそう。 

 

博多のバルク飯1位:AFTER THE RAINの「元祖 博多ステーキカレー」

f:id:kevinsakai:20170120170838j:plain

栄光の第1位に輝いたのはAFTER THE RAINの「元祖 博多ステーキカレー」。

 

1位だけお店が名指しなのはご愛嬌、コストパフォーマンス、成分に優れた最強のバルク飯です。

 

特徴はステーキカレーが580円で食べられること、さらにキャベツとゆで卵が食べ放題であること!(ちなみに写真のスープは100円で注文)

 

こんな最強のコスパで筋肉に良い飯を食べられるのは福岡で恐らくココだけ!

 

詳細のレビューは以下の記事でご紹介しています。

www.kevin-son.com

 

天神から徒歩で行け、アクセスしやすいかと思いますので、福岡に起こしの際は是非行ってマッチョになってください!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

福岡はご飯が素晴らしく美味しいのですが、それだけでなくバルクアップ(身体を大きくすること)に適しているのがとてもうれしいですね。

 

ただし!

今回ご紹介したグルメのほとんどがカロリー多めなので、脂肪オンリーにならないように、筋トレを頑張りましょう!

 

関連記事:福岡で摂取したカロリーは沖縄の久米島一周と筋トレで消費しました。

www.kevin-son.com